気になる“あのコ”のシゴトーク/185

さんみゅ~小林弥生はコスプレ好き

2014.07.25 FRI


撮影:堀清英
老舗芸能事務所「サンミュージック」をもじった同社肝いりのアイドルグループ「さんみゅ~」のデビューから早1年半。メンバーの小林弥生ちゃんは実に感慨深げだ。

「すごく早くてあっという間で、感謝でいっぱいの1年半でした。家族はもちろん、ファンの皆さんが応援してくれたことががんばれた何よりの理由ですね。人前に出るのは平気だったんですが、歌がとにかく苦手で、最初はとても不安だったんです。でも、どうにかやってこられました」

デビュー前からクラシックバレエ、そして実家でひとりニコ生主(ニコニコ動画の生放送を主催)をやっていただけに、度胸とトークは一人前だったという弥生ちゃん。歌は“場数とレッスン”で(どうにか)乗り切ったらしい。

「だからファーストフルアルバムを出せたことがうれしくて!」

往年のアイドル曲のカバーなど、ちょっと懐かしい雰囲気を漂わせる「さんみゅ~」の魅力を余すところなく詰め込んだ一枚が、8月6日に発売される『未来地図』だ。

「バラードもアップテンポもあるので、いろんな世代の方に楽しんでいただけると思います。なかでも私が好きなのは『白い蕾』。ちょっと演歌っぽくて、逆に新しいと思うんです。あとは『これが愛なんだ』は初オリジナルの曲なので、印象深くて気に入っています」

「『さんみゅ~』ならではの“純白”という世界観にぜひ触れてほしい」と弥生ちゃん。さてファーストアルバムを録り終えたことで、自分のなかに欲も出てきたとか。

「歌はもちろんダンスもがんばらなきゃって気持ちがありますね。まだまだ何もできないですから、『さんみゅ~』としても、個人としてももっと輝きたいんです。小さいころからの夢があって、人に笑顔を与えられる人になりたいと思っています!」

だが弥生ちゃんの場合、“笑顔”といっても「(笑)」の方かもしれない。ブログでかなり秀逸な「せんとくん」のコスプレを披露するなど、際だって面白いのだ。

「…恥ずかしい(笑)。奈良県出身で関西なので、ボケもツッコミもちゃんとしてなきゃ嫌なんです。そしてコスプレも好きでして…。この夏挑戦したいこととしては、『さんみゅ~』全員のコスプレのプロデュース。そしてそれをステージで披露したいですね!」
(吉州正行)

  • 小林弥生

    1996年奈良県生まれ。2013年1月にアイドルグループ「さんみゅ~」として「くちびるNetwork」でデビュー。ちなみにアニメ好き。「もともとエヴァが好きで、萌え系に流れました。今期は『黒執事』と『東京喰種トーキョーグール』は絶対ハズせないですねぇ!」と弥生ちゃん
  • 『未来地図』

    さんみゅ~が歩んできた最初の1年半の集大成となる1stフルアルバム。「明るく、元気に、爽やかに! 21世紀最初の純白アイドル」というコンセプトそのままに、懐かしくも可憐なアイドルサウンドを貫く。「ファンのみならず、多くの人たちへのメッセージが詰まっています」と弥生ちゃん。8月6日発売!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト