ココロもカラダも美しくなれる

都会に“ボタニカル”空間が出現!?

2014.07.30 WED


植物の可能性と美味しさを追求し続けてきた「爽健美茶」は今年で全国発売20周年。これからも植物の持つ力を伝えていくべく、「ボタニカル飲料」を宣言しました。
7月24日(木)から表参道ヒルズで「BOTANICAL BREEZE ~呼吸する風~」と題されたイベントが開催されています。「ボタニカル」とは、ずばり「植物」のこと。本館の吹抜け大階段には、アスパラガスやアセビ、アラレアなどの植物や、北欧フィンランドの伝統装飾品“ヒンメリ”を展示。幾何学的な形が植物の組織のようにも見えるヒンメリが、植物の呼吸と共にしずかに揺らぎ、表参道の真ん中にいながら、涼やかで気持ちのいい体験ができるというもの。

6月に“ボタニカル飲料宣言”をした「爽健美茶」もこのイベントに参加。雑誌「MORE」とコラボした体験型イベント「ボタニカル フォトコンテスト」のブースを8月3日(日)まで出展しています。「ボタニカル フォトコンテスト」は、「植物の力で、ココロもカラダも美しくなれる」がコンセプト。「爽健美茶」に詰まっている12の植物素材の中からお気に入りの3つを選ぶと、その組合せによって自動生成されるオリジナルの背景パネルの前で、「MORE」がセレクトしたボタニカルファッションアイテムを身につけながら撮影ができるというもの。イベント参加者には、もちろん「爽健美茶」をプレゼント。

イベント初日となる7月26日には「MORE」専属モデルの篠田麻里子さんをスペシャルゲストに招いたオープニングセレモニーも開催され、実際に「ボタニカル フォトコンテスト」を体験するひと幕もあったとか。

撮影した写真は、フォトコンテストへの応募が可能。“ボタニカルビューティー”として選ばれると、9月27日発売の「MORE」誌面上のイベントレポートに掲載されるとのこと。表参道に遊びに来た際には、植物の力で涼やかな気分になれる“都会のオアシス”へ立ち寄ってみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト