ネットから地上波へ進出!

YouTuberがTVCMを作ったら…

2014.09.03 WED



登場するYouTuberは、HAKAKIN、Masuo、Megumi、ジェット☆ダイスケ、sasakiasahi!
人気のスマホゲームシリーズ「チャリ走」から、一風変わったTVCMが登場した。ネット上で活躍するYouTuberが全面プロデュースしたという「チャリ走 3rd RACE」のテレビ地上派CMだ。

動画投稿サイトが登場し、誰でも手軽にオリジナル動画を制作して世界中に発信できるようになって久しい昨今、「YouTuber」と呼ばれる人たちの存在が注目を集めている。独自で制作した動画の再生回数に応じて広告収入を得ている彼らは、多くの人に見てもらうために、お菓子など話題の商品を独自の切り口で紹介したり、すっぴんからメイクアップしていく様子を撮影するなど、他の人には思いつかない面白い切り口での動画づくりが特長的。

そんなYouTuberによる動画の中でも比較的ポピュラーなのが“ゲーム実況”だ。これは、プレイしているゲーム画面に合わせ、その様子を自ら解説していくというもの。彼らの動画で取り上げられたことから人気に火が付いたゲームタイトルも少なくないのだとか。今回、YouTuberをCM起用した「チャリ走」もそんなゲームのひとつだ。

2007年にガラケーアプリで提供を開始した「チャリ走」は、自転車に乗ったキャラクターを指で操作することで、ひたすら走り続けるスマホゲームアプリ。コース内で長く走ったり、ジャンプを華麗に行ったり、ビー玉を集めたりすることで、ハイスコアを目指すという内容で、本ゲームの“謎の製作者”いわく、「操作がわかりやすく、すぐ理解できるシンプルさが特長ながら、ゲーム内容は難しく、ミスすることが多いのになぜかハマってしまうのが魅力」だという。その後、ガラケーアプリからスマホ、ニンテンドー3DSやPS VITAまで進化した「チャリ走」は、YouTuberのゲーム実況チャンネルで取り上げられたことをきっかけに、彼らとのコラボイベントなどでYouTuberとの関係を深めながら、現在までに累計3000万ダウンロードを達成した人気ゲームシリーズに成長。こうした背景を受け、今回のTVCM制作が決まったのだととか。

普段自分で動画を撮影し、編集しているYouTuber。5時間の所要時間を予想していたCM撮影では、構図、表情、演出などをすぐに理解し、実際にはなんと1時間程度で完了。

「HIKAKIN」をはじめ、すでにネット界では有名なYouTuber。本CMにも登場するYouTuberを多数抱えるタレント事務所uuum代表の鎌田氏は、今回のCMについて、「企画・撮影・編集・納品までの全てに携わっている事例という意味でYouTuberの可能性を広げ、彼らの地位をあげていくことにもつながると思う」と期待を寄せる。

今後さらに活動の場を広げていきそうな「YouTuber」たち。まだその存在を知らないという人は、「チャリ走 3rd RACE」のCMに注目してみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト