ネット界の“旬”なニュースをお届け!

指原莉乃、握手会でファンに「ブス」

2014.08.20 WED

噂のネット事件簿


トークイベントでは、生中継をみているニコニコ生放送ユーザーのコメントをみて楽しんだ指原莉乃 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
HKT48・指原莉乃が、8月14日に行われた著書『逆転力~ピンチを待て~』(講談社/8月11日発売)の発売記念トークイベントで、ファンに「ブス」と言ったと明かし、話題を呼んでいる。

同書は、「ピンチが背中を押してくれる」「自分だけの武器をみつける」「振られたキャラは否定せず受け入れる」など、指原の思考術やコミュニケーション術などを解説したもので、ファンだけでなく社会人にも人気。19日10時時点で、Amazonのベストセラーランキングでは、「新書」「タレント本」「ビジネス実用」カテゴリで1位を獲得している。

イベントで指原は、総合プロデューサーの秋元康氏に最近、“ゲロブス”と呼ばれることについて言及。もともとネット上で言われていた揶揄を秋元が絶賛し、使用し始めたもので、多くのファンは「ひどいよね」などと指原をフォローしてくれるが先日の握手会の際、あるファンに「おい、ゲロブスぅ!」と直球で言われたのだという。

その後、一転「全然ゲロブスじゃないよ」と言ってくれたものの、その次に改めて「まあまあブスだね」と言われたため、指原は「うるせえ、ブス!」と言い返したと告白。そして、

「(そうしたら)その方がちょっとショックを受けていたんです。
その時に『いまショックだったでしょ? 同じ気持ちなんだから、もう大人なんだから、(人が傷つくようなことを)言っちゃダメだよ』って言いました」
「これが、逆・転・力」

と、“逆転力”を発揮した最近の出来事について話した。

その様子がニコニコ生放送で放送されると、コメント欄には、

「うまい」
「さすがwwww」
「プロですわ」
「素晴らしいw」

と、指原の対応を称賛する声が並んだ。

とかくネタにされがちな指原だが、そのネタを逆手にとる“逆転力”はネットユーザーからの評価も高いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト