気になる“あのコ”のシゴトーク/190

驚異の15歳、長谷川里桃の弱点は?

2014.08.29 FRI


撮影:林和也
170cmあるというスラリとした身長。さらに小顔であることに加え、ハッキリした目鼻立ち。ハッと見とれてしまうほどだけど、実は長谷川里桃(りも)ちゃんはまだ15歳の高校1年生。しかもデビューしたてなのだ。

「去年の秋に事務所に入りました。小学校6年のころからファッション誌を読んでいたんですけど、いろんな服を着てかわいく写っているモデルの世界にすごく憧れて。それでオーディションを受けたんです」

芸能事務所の研音に所属してからは、モデルに必要なウォーキングなどのレッスンのみならず、演技のレッスンも。そこに思わぬ楽しさを感じたのだとか!

「お芝居をやってみて、どんどん興味が出てきました。演技経験は幼稚園のときにお遊戯会で妖精を10人くらいで演じて以来だったので、ほぼ未経験といってもいいくらいで。だからお母さんやお姉ちゃんに練習に付き合ってもらいながら、頑張っています」

当初は周囲のレベルの高さに舌を巻いたというが、レッスンを重ねるうちに欲も出てきたらしい。

「課題がどんどん見つかるんです。まだボンヤリとした目標なんですが、ゆくゆくは人に愛されるような女優さんになりたくて。そのためにまずは、セリフの下に隠れている本当の感情をちゃんと伝えられるようになるとか、基礎を固めていきたいですね」

里桃ちゃんのそんな努力の成果は、8月31日に行われるイベント「研音ネクジェネ夏祭り」で見られる。研音の次世代を担う新人“Next Generation”のひとりとして、演劇のほかにも歌やダンスまで披露するのだとか。

「歌がですね…ぜんぜんダメなんですよ。もともとダンスは地元の静岡で『K-Pop』のダンススクールに通っていたので得意なんですが、歌がとにかく苦手なんです。友だちとカラオケに行くことはあるんですけどね。演技に加えて歌も家でお母さんとお姉ちゃんの前で猛特訓しています!」
(吉州正行)

  • 長谷川里桃

    1998年静岡県生まれ。2013年研音に所属。ちなみに性格はとってもマジメなご様子で、「好きな教科は日本史です。これまでの積み重ねがあって現在につながっているんだなと考えるとスケール感の大きさにすごくワクワクするんです。特に好きな時代は室町近辺です」と里桃ちゃん
  • 「研音ネクジェネ夏祭り」

    研音の次世代を担う女の子9人が、きたる8月31日に初のイベントを開催!スペシャルゲストに川口春奈ちゃんも出演。「出演するメンバーのなかでも私のキャリアが一番浅いので、顔を覚えてもらうことが一番の目標です。握手会もあるので、いろんな人とふれ合えることが今からすごく楽しみですね」と里桃ちゃん

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト