気になる“あのコ”のシゴトーク/192

美しすぎる双子のラッパーが登場!

2014.09.12 FRI


撮影:堀清英
左がMIKAちゃんで右がRIKAちゃん。目の前にいるのはうり二つの一卵性の双子の姉妹だ。そして驚くべきは、ふたりで“MIKA☆RIKA”というヒップホップユニットを組んでいるということ。

MIKA「2年くらい前にROMANTIC PRODUCTIONのDJ-S.A.L.さんに『ヒップホップをやってみない?』と声をかけられて。ラップに対してまったくイメージがなかったので、ちょっと戸惑った部分はありましたが、思い切ってやってみました」

RIKA「まだまだなれない部分が大きいですね。MIKAの方が力強くて声に清涼感があるので、引っ張ってもらっている感覚です」

MIKAちゃんがボーイッシュでぐいぐい引っ張っていくタイプなのに対し、RIKAちゃんは控えめでおしとやかなタイプだとか。このあたりのキャラ付けが音楽性にも好影響を与えている様子。7月にリリースした2ndシングル『下っ端』収録曲に関しても、ふたりの好みはみごとに分かれているのだ。

MIKA「普段ロックを聞くので、タイトルソングでもある『下っ端』はアップテンポでかなりお気に入りです。ふたりともOL経験があって、下働きばかりの日々を歌った歌詞にもこだわっています。同じような立場の人が聴いたら、元気になれると思いますよ」

RIKA「私はエモーショナルな曲が好きなので、4曲目の『ホシフルマチ』みたいな、スローテンポでしっかり聴かせる雰囲気がいいですね。あとはMIKAのいうとおりユニークな曲もあって、このあたりのバリエーションに注目してもらえるとうれしいです」

現在絶賛売り出し中のふたりは、ウェブ上などで自由に使える自身の“フリー素材”を配布するなど、とにかく知ってもらうのが目下の課題なのだとか。と同時に、歌唱力とダンスも大きな課題。

MIKA「だいぶリラックスしてステージに立てるようになったんですが、さらにがんばってお客さんを乗せられるよう、上手になりたいですね。あとはそのあたりを曲間のトークなどで盛り上げていけたらって」

RIKA「ダンス経験がないんですよ。そして自分たちで振り付けをしなければいけないんで…。かっこいいというより、インパクトを感じてもらえるようなダンスを身につけたいですね」

実に仲良しである。家も一緒で休日もふたりで出かけることが多いほど気が合うのだとか。なにせ好きな男性の“傾向”も、多少の差はあるとしつつも…。

MIKA RIKA「ほとんど一緒ですね(笑)」
(吉州正行)

  • MIKA☆RIKA

    2012年8月に結成したMIKA(左)とRIKA(右)の一卵性双子姉妹のヒップホップユニット。2013年11月に1stシングル「FUNKY OL~仕事したくないよ~」でデビュー。ふたりで遊びに行くときは「何か食べに行くことが多いですね。いいデザート屋さんをみつけてみたり」と、ふたり。
  • 初のツーマンライブ

    12月には渋谷のマウントレーニアホールで初のツーマンライブを決行! 「楽しみ半分、緊張半分ですね。でもRIKAはケロッとしてるよね」というMIKAちゃんに対し、「そんなことないよー。私はステージに立つとガッチガチだもん」とRIKAちゃん。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト