“言葉の魔術師”たる歌姫の激情の理由とは?

大森靖子「強い男と渡り合いたい」

2014.10.16 THU


大森靖子(おおもり・せいこ)/シンガーソングライター。1987年、愛媛県生まれ。武蔵野美術大学在学中から音楽活動を始め、「新少女世代の言葉の魔術師」として注目を集める。今年9月にエイベックスからメジャーデビュー、12月には初アルバム『洗脳』が発売予定
今や飛ぶ鳥を落とす勢いのシンガーソングライター・大森靖子。ストレートな心情を歌った楽曲は「泣ける」「謎の感動」などと評判を呼んでいる。こうした生々しい歌詞は、どこから生まれてくるのだろうか。

「人と喋った会話の内容や週刊誌の見出しとかで、気になったりイヤだなと思ったりした言葉は、その場でスマホにメモしてますね。私、本は全然読まないんです。読んでも頭に入ってこないから(笑)」

日々、華やかな舞台に立ち続ける彼女だが、「大学時代は引きこもりだった」という。

「なんか、全部めんどくさくなっちゃって。当時は、よく暴れてましたね。彼氏とケンカした時も、衝動的に部屋を飛び出して泣きながら走ってたら電柱にぶつかったり(笑)」

彼女は自他共に認めるアイドルオタクである。中でも随一の推しメンはハロー!プロジェクト4代目リーダーの道重さゆみだ。

「先月、テレビの深夜番組で初めて道重さんと共演したんです。彼女は11月に卒業しちゃうので、『ああ、(私のメジャーデビューが)間に合った!』って。感極まってステージの袖で大泣きしてたら、道重さんももらい泣きしてましたね…」

最後に、「涙もろい男についてどう思うか」と聞いてみた。

「感情が高まって泣くのはいいんですけど、うじうじ系はちょっと…。弱い男は苦手。私、強い男と対等に渡り合いたいっていう気持ちがどこかにあるんです」

(石原たきび)

  • 『きゅるきゅる』/今年9月18日に発売された記念すべきメジャーデビューシングル。カップリング曲に「私は面白い絶対面白いたぶん」「裏」も収録

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト