世界中が勘違い!? 「日本人=勤勉」なんてウソ?

ホントは違う“日本人像”1位は?

2014.10.19 SUN

世論調査


日本人は腰に刀を差し、ちょんまげを結ったサムライとニンジャが戦いを繰り広げている、と思っている外国人は、果たしてどのくらいいるのだろうか… 画像提供:エミル / PIXTA(ピクスタ)
「日清カップヌードル」のCMシリーズ「SAMURAI, FUJIYAMA, CUPNOODLE」に登場する、海外目線のちょっとおかしな日本の紹介が話題となっている。10月から放送開始した第3弾「本音と建前篇」にも笑わせられるが、グローバル化した現代でも、外国人が抱くステレオタイプな「日本人像」は根強いもの。良きにつけ悪しきにつけ「実際はそんなことないのに…」と思わせられることは少なくない。そこで20~30代の社会人男性200人に、「世界から誤解されている」と思う“日本人像”についてリサーチしてみた。

●世界の人々から“日本人が誤解されている”と思うことTOP10
(1~3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptとし集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 日本人男性は皆、サムライ精神で生きている(238pt)
2位 日本人は皆、勤勉で働くのが好き(147pt)
3位 日本男性は皆、ちょんまげをしている(108pt)
4位 日本人は皆、集団行動が好き(96pt)
5位 日本人は皆、寿司や天ぷらばかり食べている(83pt)
6位 日本人は皆、行列に並ぶのが好き(78pt)
7位 日本人は皆、和服(着物)で過ごしている(69pt)
8位 日本人は皆、アニメや漫画が大好き(67pt)
9位 日本人は皆、ハイテクに精通している(54pt)
10位 日本人は皆、畳や障子のある家で暮らしている(49pt)

1位「サムライ精神」、3位「ちょんまげ」、7位「和服」…あたりは予想通りだが、注目すべきは、2位「勤勉」、4位「集団行動」だろう。よく「世界に誇れる日本人の美徳」として語られがちなこのふたつだが、「ホントは好きでやっているわけではないんだよ」ということか…? 以下に目立った意見を紹介しよう。

【1位 日本人男性は皆、サムライ精神で生きている】
「サムライ」が外国人にも浸透しているためだと思う(25歳)
海外の、日本の紹介写真に、過去の時代のものが掲載されている(26歳)
「サムライ」という言葉が独り歩きしている(29歳)
自分自身、サムライ精神がわからない(29歳)

【2位 日本人は皆、勤勉で働くのが好き】
ほどほどに働いて生活できるなら、そんなに働きたくないと思う(29歳)
ただ「残業することがよい」という認識がサラリーマンに根付いているだけ(26歳)
ルーズな人は本当にルーズです(29歳)
ただのサービス残業をしている人が多い(27歳)

【3位 日本男性は皆、ちょんまげをしている】
ちょんまげはむしろ珍しいので、日本人のイメージにしないでほしい(26歳)
力士のまげ以外、見たことがない(26歳)
TVの時代劇の見すぎ(28歳)
時代錯誤はなはだしい(25歳)

【4位 日本人は皆、集団行動が好き】
集団行動は苦手な人も多い(29歳)
集団行動が“好き”ということじゃなく、“合理的”だからやるだけ(29歳)
ひとりでいるのが不安で群れているだけ。まともな集団行動をとれている集団自体少ない。(21歳)
職場では組織に従うが、職場以外では孤独な人も多い(27歳)

【5位 日本人は皆、寿司や天ぷらばかり食べている】
ヘルシーな食事ばかりと思われている(26歳)
世界で和食の人気が高まっている中で、日本人は和食しか食べないのではと考える外国人も少なからずいる(28歳)
「アメリカ人はハンバーガーばかり食べている」というイメージと同じで、しょうがない(26歳)
そればっかりだと、健康に悪い(27歳)

6位の【日本人は皆、行列に並ぶのが好き】は、集団行動にも通じるが、「一部の人が並んでいるだけ」(24歳)との声が多い。また7位の【日本人は皆、和服(着物)で過ごしている】は、「『日本人は普段着物を着ないの?』と海外の友人に聞かれた」(23歳)と、実体験に基づいた意見も。8位の【日本人は皆、アニメや漫画が大好き】には、「他国から見ると日本にはヒットアニメが多いからしょうがない」(27歳)など、むしろ自慢すべきことだという意見もあった。

今回のランキングの結果を実際に外国人に見せたらどんな反応をするのだろうか。いずれにせよ、外国人とさらにコミュニケーションを図って、ヘンな誤解は取っ払いたいものだ。
(田中裕幸)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト