ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『ヨルタモリ』に謎メッセージ出現

2014.10.23 THU

噂のネット事件簿


昨年から福岡と横浜に会場が移ったタモリカップのことを示唆しているのか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月19日に始まったタモリの新番組『ヨルタモリ』(フジテレビ系)において、セットの壁に謎のメッセージが表示されていたと話題になっている。

『ヨルタモリ』は、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で32年間にわたり日本の昼の顔として君臨してきたタモリが、新たに「夜のタモリ」となって日曜夜にやってきた、というコンセプトの新番組だ。第1回放送では、「東京の右半分、湯島あたりにあるとあるBAR」を舞台に、ママを務める宮沢りえとタモリ、ゲストによってトークを展開。その合間にはインチキ外国語フラメンコ、ハエに扮したミニコントなど、往年の密室芸を彷彿とさせる“タモリワールド”が繰り広げられた。

『笑っていいとも!』の終了により、露出が一気に減ったタモリの新レギュラー番組とあって、多くの注目が集まった同番組。ネットユーザーの反応も、

「あのなんとも言えないゆるさが、昔の番組をほうふつさせる。いいなぁ。こういう番組」
「タモリさんの原点を見た気がします!感動した!」
「このじわじわくる面白さやばいですねw クセになるですぅww 何よりタモさんが楽しそうでよかったですぅ」

と、概ね好評なようだ。そんななか、あるツイッターユーザーが「BARの壁に謎のメッセージがある」と指摘した。それによると、BARの壁には国旗のようなものがペタペタと貼られており、これは船舶業界で使用される“国際信号旗”という通信方法。これを解読すると、

「ITSUKA
MATA
NUMAZU
DE」
(いつかまた沼津で)

と読めるのだという。

周知の通り、タモリはヨットが趣味で、沼津はかつて「タモリカップ」というヨットレースが開催されていた場所。このメッセージにどんな意味が込められているのかは現時点では不明だが、次回以降はタモリ以外の細部にも目を配ると、隠された“遊び”がまだまだ見つかる可能性はありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト