ネット界の“旬”なニュースをお届け!

元KARA知英のビッチ先生はアリ?

2014.10.25 SAT

噂のネット事件簿


知英がビッチ先生を演じる実写映画版『暗殺教室』。そのほかには、Hey! Say! JUMPの山田涼介や椎名桔平が出演する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
K-POPグループ・KARAの元メンバーである知英(ジヨン)が、2015年3月21日公開の映画『暗殺教室』に出演すると発表された。

映画『暗殺教室』は、『週刊少年ジャンプ』で連載されている同名マンガの実写化作品。椚ヶ丘中学校3年E組の生徒たちが、担任教師として現れた謎の生物“殺せんせー”をあの手この手で暗殺しようとする、という異色の学園モノだ。

知英が演じるのは、生徒たちから“ビッチ先生”と呼ばれる外国語教師で殺し屋のイリーナ・イェラビッチ。いわゆる“ハニートラップ”が得意技の、金髪セクシー美女だ。

KARA脱退後、日本を拠点に女優として活動している知英は、現在放送中のドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)に続いて、またもや漫画の実写化作品への出演となる。ツイッターでは、

「知英、暗殺教室に出演するんやね!日本で活躍の場が広がって嬉しいっ」
「おお!実写化全然期待してなかったけどビッチ先生がジヨンとなるとちょっと気になるな!」

など、ファンからは期待の声もあがっている。だが、金髪美女役を演じるということで、

「ああこれあかんやつや…東洋人が世界を文字通り股にかけるハニートラッパーなんかできるか」
「そこは何とか、白人の女性にやってもらえるよう、キャスティングをがんばって欲しかった…」
「ビッチ先生のイメージって若かりし頃のキャメロン・ディアスなんだよなぁ。無理だけど。にしてもこれはない」

と、キャスティングに納得できないという意見も多数寄せられている。

ちなみに、今回の実写映画化と2015年1月からフジテレビ系で放送予定のテレビアニメ化について、原作者の松井優征氏は『暗殺教室』の単行本11巻で、

「アニメ化&実写映画化にあたって、作者としてはぜひ両方を見比べて頂きたいです。
(中略)
アニメ実写双方とも、スタッフさんはとても真剣で、原作を大事にしてくれているのが伝わる雰囲気で熱心に制作して頂いています。
そう感じた以上、仕上がりがどんな形になろうとも作者からは一切文句はありません。
ドキドキしながらですが、楽しみにしています」

とコメントしている。原作者はすべてを受け入れ、作品のできあがりを心待ちにしているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト