ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『三匹のおっさん』続編に期待の声

2014.10.27 MON

噂のネット事件簿


テレビ東京公式サイトでは、前作の“名場面”を公開しているほか、見逃した人のための動画配信も行っている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
俳優の北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎が出演し、2014年1~3月に放送された連続ドラマ『三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~』(テレビ東京系)の続編が2015年に放送されることが発表された。

同ドラマは、有川浩の小説『三匹のおっさん』が原作。かつて「三匹の悪ガキ」と呼ばれていた“おっさん”3人組が定年退職後、私設自警団を結成し、引ったくり、カツアゲ、痴漢、動物イジメなどのご近所に潜む“悪”をぶった斬るという内容だ。痛快なストーリーが人気となり、3月14 日放送の最終回の視聴率は12.6%と、1989年以降のプライムタイム(午後7~11時、時代劇を除く)の番組としては同局の連続ドラマ歴代最高の数字を記録している。

そして、10月23日に開催された国際ドラマフェスティバル「東京ドラマアウォード 2014」で同ドラマは特別賞を受賞。この時あわせて、続編の制作が発表されたのだ。

具体的な放送時期は明らかにされていないが、人気ドラマだっただけに、ネット上で喜ぶ声が多くあがっている。ツイッターには、「やったーーー!嬉しい!また、3匹のおっさんの活躍が見られる♪」という声のほか、

「楽しみ!家族みんなで安心して観られるドラマ」
「勧善懲悪もので楽しく気軽に観られる。キャストも最初はどーかと思ったけど、回を重ねるごとに違和感なくハマっていったし、楽しみだー」

などという声がみられる。

前回放送時には、

「希薄だった人間関係が深まっていく過程に、温かさを感じる作品だった」
「身近なネタが面白い」

などという感想があがっていた『三匹のおっさん』。“悪いものは悪い”というシンプルな信念のもとに活躍するおっさんたちの姿や、ご近所の様々な“あるある”ネタが共感を呼んでいたようで、次回作でもおっさんたちの活躍に期待したいところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト