BiS解散、でんぱ組.incメジャー化で待望のネクストブレイクは?

サブカルアイドル最前線!

2014.11.09 SUN


BELLRING少女ハート公式サイトのプロフィールには「フォーメーションもおぼつかず『学芸会以下』と称される」「SHIBUYA-AXにハンパない異物感を残す」など、サブカルらしい(?)文言がチラホラ
様々なアイドルが誕生し続けるアイドル戦国時代。なかでも最近、アイドルファンたちの間で話題となっているのは、「次にくるサブカル系アイドルはどのグループか?」というトピックス。

というのも、“サブカル系アイドル”と呼ばれ、業界を牽引してきた「でんぱ組.inc」が、今年の5月に日本武道館でのコンサートを大成功させ、一気にメジャーグループの仲間入り。また、“アイドル界の異端児”と称され、「樹海で全裸PVを撮影」など、過激でアンダーグラウンドな活動を続けていた「BiS」は7月に横浜アリーナにて解散。「現在、サブカル系アイドルの座は空位になっている!」という意見がよく聞かれるのです。

では、次にくる「サブカル系アイドル」は一体どこなのか?

アイドルライターである筆者のイチオシは、“ベルハー”こと、「BELLRING少女ハート(べるりんしょうじょはーと)」。60~70年代のレトロなサイケデリック系音楽をアイドル業界に持ち込んだカルトアイドルグループです。黒ずくめ、かつ翼を生やした衣装の少女たちが、ときにぼんやりと踊り、ときに絶叫シャウトしながら客席にダイブ。PVも毎回話題で、「サーカス&恋愛相談」という曲では、血だらけの白い衣装に身を包んだメンバーたちが、雨の中でふわふわ踊るという衝撃映像を披露しています。“アンダーグラウンドなサブカル”の王者であったBiSのファンたちが、一番流れつつあるといわれているのが、この“ベルハー”なのです。「次世代サブカルアイドル」の最右翼といえるでしょう。

では続いて、多くのアイドルのライブ会場で数多く撮影をしている“現場系カメラマン”高橋定敬さんに聞いてみましょう。

「BiSに続く“アンダーグラウンドなサブカル系アイドル”代表がベルハーなら、でんぱ組.incに代表される“アッパーなサブカル系アイドル”の次世代は、『drop(ドロップ)』だと思います。カメラマンで、デザイナーでもある古谷 完さんが代表を務める『日本ツインテール協会』プロデュースのアイドルグループです。メンバーひとりひとりに炎や雷、水といった“属性”をつけるなど、“ゲームっぽい世界観”が特徴ですね。ファンを増やすことや広い会場にステップアップすることを“レベル上げ”ととらえていたり、『幻想水滸伝』や『うたの☆プリンスさまっ♪』といった超人気ゲームの音楽を手がけた上松範康氏が作曲を担当していたりして、ゲーム感が満載なんですよ」

ほかにも、でんぱ組.incのように、メンバー全員がかなりのオタクであることも、サブカル系として高ポイントだと高橋さんはいいます。

最後は、アイドル専門誌『Top Yell』の柴田洋史編集長に聞いてみました。

「僕がオススメしたいのは『アリスインアリス』ですね。歌って踊って演技するライブアクトアイドルです。メンバー全員が女優志望ということもあって、曲の間奏にいきなり演劇が入るという、衝撃の展開。この演劇が、なんというかアイドルというよりもアングラ劇団のような空気感なんですよ。メジャーデビュー曲『コールドバレット』の拳銃を使ったクールなアクションと、曲中のセリフは、少年漫画のような独特な世界観。“アイドルのライブ”と思って見に行くと最初はかなり戸惑うこと必至ですが、一度見たらハマってしまう中毒性を秘めたアイドルユニットです」

“アッパー”も “アンダーグラウンド”も、注目のグループがいっぱい! サブカル好きなあなた。注目してみてはいかがですか?
(篠本634/short cut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト