トリケラトプス、ステゴサウルス、イグアノドン…

「飼ってみたい恐竜」1位は?

2014.11.12 WED

世論調査


獲得ポイント数は少ないながらも注目したいのはフタバスズキリュウ(5pt)。1968年、高校生の鈴木直さんが福島県で発見した「首長竜」で、日本で大型爬虫類の化石は見つからないとされていたので当時大きな話題となりました ※画像はイメージ。フタバスズキリュウはいません。 画像提供:dawn.k/PIXTA
この夏に公開され、話題となったハリウッド映画『GODZILLA』。前作のハリウッド版は「コレじゃなーい」といった声もありましたが、今作の評価はなかなかだった模様。Blu-ray・DVDの予約がスタートしたので、気になっている人も多いのではないでしょうか?

さてそもそものゴジラは、恐竜をモチーフに作られたわけですが、いつの時代も恐竜という“キャラクター”は人気の存在。とりわけ、男性なら一度は本物を見てみたいと熱望した時期があるはずです。そこでアンケートを実施、20~30代の社会人男性に「飼ってみたい恐竜」について聞いてみました。

〈飼ってみたい恐竜TOP10〉
(選択肢から3位まで回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計。協力:アイリサーチ)

1位 ティラノサウルス 348pt
2位 トリケラトプス 238 pt
3位 プテラノドン 192 pt
4位 ステゴサウルス 84 pt
5位 ブラキオサウルス 62 pt
6位 アーケオプテリクス(始祖鳥)59 pt
7位 スピノサウルス 44 pt
8位 イグアノドン 39 pt
9位 アパトサウルス(ブロントサウルス) 31 pt
10位 ヴェロキラプトル 23 pt

共に白亜紀後期に生息した永遠のライバル(?)であるティラノサウルスとトリケラトプスが仲良く1、2位に並びました。恐竜関連の本ではこの2頭の対決シーンが登場することも多いだけに、皆さんのイメージに強く残っているからかもしれません。厳密には恐竜ではないものの(翼竜)、こちらも“空の恐竜”として知名度の高いプテラノドンが3位にランクインしています。

では、それぞれどのような理由で選ばれたのか、コメントの一部を紹介しましょう。

1位●ティラノサウルス
・恐竜と言えばこれだから(39歳)
・最強のボディーガードになりそう。恐竜では間違いなく最強でしょう。仲間にしたら無敵(37歳)
・番犬代わりにいい(32歳)
・豪快に食べそうで見ていてストレス解消になりそうなので(33歳)
・凶暴なやつを手なずけたいから(24歳)

2位●トリケラトプス
・怪獣大好き時代の好きな怪獣だから(28歳)
・草食でエサ代がかからなそうだから(28歳)
・一番背中に乗りやすそう(28歳)
・優しそうで強そう(32歳)
・餌やりとかするのを想像してかわいいなとおもったので(28歳)

3位●プテラノドン
・空を飛んでどこにでも連れてってくれそう(38歳)
・凶暴ではなさそうだから(33歳)
・狩りが出来そうだから(32歳)
・大きい鳥みたいで飼いやすそう(37歳)
・軽い荷物運搬用に使用すると便利かなと思いました(31歳)

4位●ステゴサウルス
・のんびり癒されそう(37歳)
・昔からフォルムが好きだった(37歳)
・背中に乗って散歩したら気持ちよさそう(38歳)

5位●ブラキオサウルス
・一番背が高いから。(34歳) 
・大きすぎるのが難点だが、草食だから食われないし、悠々としてかっこいい(34歳)
・番犬かわりにいい(32歳)

恐竜という存在はメジャーでも、さすがに個々の恐竜それぞれがどのような姿、生態であったかまでは把握しきれていない方も比較的多くいた模様。勘違いされたうえでの回答もいくつか見受けられました。それでも、理由までしっかり挙げてくれた方がほとんど。「子供のころあこがれた」という回答をされた方もおり、子供心に帰って楽しんで回答していただけたのならなによりです。

(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト