“アナ雪”のアノ人や『妖怪ウォッチ』のグループも…

紅白に初出場してほしい人1位は?

2014.11.13 THU

世論調査


May J.と、日本語吹替版の主題歌を担当したエルサ役の松たか子や、アナ役の神田沙也加との共演が実現するかどうかも、注目ポイントのひとつだ ※画像はスクリーンショットです
今年もNHK『紅白歌合戦』の出場者の予想がマスコミを賑わせる季節になった。「話題のアノ歌手が出るのでは?」「ゲスト審査員には誰が来る!?」など、いろいろな噂が取りざたされている。なかでも注目を集めるのが“初出場アーティスト”だ。歌手を志す者にとって、「紅白出場」は大きな目標のひとつともいわれている。そんな初出場の切符、アナタなら誰にあげたい? 今回は20~30代の男女200人の声を聞いた。

●今年の『NHK紅白歌合戦』に初出場してほしいアーティストは?
(単一回答、協力/アイリサーチ)

1位 May J.(代表曲「Let It Go ~ありのままで~」) 18.5%
2位 秦 基博(代表曲「ひまわりの約束」) 12.5%
3位 竹内まりや(代表曲「静かな伝説(レジェンド)」) 10.5%
3位 SEKAI NO OWARI (代表曲「スノーマジックファンタジー」) 10.5%
5位 Dream5(代表曲「ようかい体操第一」) 8.5%
6位 キング・クリームソーダ(代表曲「ゲラゲラボーのうた」) 7.0%
7位 Kis-My-Ft2(代表曲「Another Future」) 4.0%
7位 ONE OK ROCK(代表曲「Mighty Long Fall」) 4.0%
9位 乃木坂46 (代表曲「夏のFree&Easy」) 3.0%
10位 HKT48(代表曲「桜、みんなで食べた」) 2.5%

一番人気は、映画『アナと雪の女王』の日本語版主題歌を歌っているMay J.。今年を代表する人気作という話題性はもちろん、その歌唱力にも支持が集まった。続いて、やはり今年大ヒットした映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌を担当した秦 基博がランクイン。以前から実力派として知られた存在だったが、映画を機に一気に注目度がアップした。

また、デビュー36年で数多くのヒット曲を生み出しながら、紅白には出場経験のない大物・竹内まりやと、ブレイク中のバンドSEKAI NO OWARIという、対照的な2組が同率3位に。竹内は今年発売のアルバム『TRIAD』がオリコン2週連続1位。SEKAI NO OWARIは、初のオリコン1位に輝いたシングル「スノーマジックファンタジー」をはじめ出す曲すべてがヒットし、主に10~20代の若い世代から絶大な人気を博している。また5、6位には子どもたちの間で大ブームを起こした『妖怪ウォッチ』のテーマを歌うDream5とキング・クリームソーダが選ばれた。では、ランクインした各アーティストを支持する声を紹介しよう。

【1位 May J.】
「今年の曲と言ったらこれ。家族みんなで歌えるだけに“紅白”で歌ってくたら、盛り上がれそう」(39歳、女性)
「いろんな世代の人にウケると思う。衣装など“アナ雪”の女王の世界観を出してほしい」(28歳、女性)
「映画の映像のように氷の城が出来上がり、衣装が変わる演出に期待」(29歳、男性)
「松たか子と一緒に出れば話題になりそう」(39歳、男性)

【2位 秦 基博】
「実力があるから。心に響く楽曲で、多くの人に受け入れられると思う」(38歳、女性)
「『ドラえもん』の映画で感動したので」(38歳、女性)
「ドラえもんと共演してほしい」(36歳、女性)
「癒される歌声がいい」(28歳、女性)

【3位 竹内まりや】
「各時代ごとのヒット曲を歌ってほしい」(37歳、男性)
「実績のあるアーティストだから」(35歳、女性)
「生放送で観てみたい」(34歳 女性)
「ピアノだけの伴奏で歌ってほしい」(35歳、男性)

【3位 SEKAI NO OWARI 】
「楽曲が好き。ファンタジックなパフォーマンスを見せてほしい」(33歳、男性)
「会場全体を巻き込んだ楽しいステージが見たい」(36歳、女性)
「とても夢や希望の持てる詞だと思うし、年代が近いので共感できる」(35歳、男性)
「かなりブレイクしているし、NHKに合う」(37歳、女性)

【5位 Dream5 】
「娘たちが大好きな『妖怪ウォッチ』。振付が覚えやすく、着ぐるみの妖怪たちと踊って欲しい」(39歳、女性)
「子どもが喜ぶ歌を歌ってほしい」(37歳、男性)
「子どもたちが釘付けになるダンス」(37歳、女性)
「キャラクターの着ぐるみと一緒に、紅組白組関係なく出てほしい」(30歳、女性)

6位のキング・クリームソーダには「会場みんなで『ゲラゲラホー』と歌って楽しめそう」(35歳、男性)と歌詞を引用したコメントが多かった。そして、今回のランキングで異彩を放つのが7位のONE OK ROCKだ。2005年の結成からじわじわと知名度を上げ、現在はスタジアムクラスのバンドに成長。海外ツアーも成功を収めている。「上手いしカッコいいから。出演者の中でもいい意味で浮いてほしい」(38歳、男性)と期待の声が寄せられた。ジャニーズからはKis-My-Ft2。「華やかで楽しめそう」(30歳、女性)など女性を中心に票が集まった。一方、女性アイドルでは、AKB48グループから乃木坂46とHKT48が。「AKB48グループすべて出場してほしい」(38歳、男性)という声もあった。

今回ランキングに入った、旬のアーティストたちは見事、初出場を果たすのか。はたまたサプライズで意外なアーティストが選ばれるのか。注目の出場者発表は11月末の予定だ。
(田中裕幸)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト