ウェアラブルカメラがとらえた新たな魅力とは?

ビジネスクラスの搭乗体験を動画で

2014.12.11 THU

https://www.youtube.com/watch?v=8d9KAIkPd9c

ウェアラブルカメラがとらえた飾り気のない映像によって、ビジネスクラスのありのままの姿が身近に体験できる
飛行機に乗るときに、普段からビジネスクラスを利用するというR25読者は決して多くはないだろう。かくいう私も、生涯で一度だけ乗ったビジネスクラスは、たまたま上司の海外主張に同伴したときだけで、連日の疲れと緊張からほとんど寝てしまい、機内での記憶はおぼろげだ。

今回紹介する動画は、普段あまり目にすることのないビジネスクラスを疑似体験できるANAの新CM。従来のビジネスクラスの広告といえば、ゆったりしたシートでくつろぐラグジュアリーな雰囲気のものが多い気がするのだが、このCMはひと味ちがう。全ての映像が“乗客”と“客室乗務員”の目線をありのまま映し出した内容となっており、まるで自分が搭乗しているかのような気分を味わうことができるのだ。

CMが撮影された場所は、ANAの格納庫。100人の乗客を集めたビジネスクラスシートの搭乗体験で、50台ものウェアラブルカメラを用いて、乗客と客室乗務員の目線を映像化している。乗客目線からはシートや機内の様子はもちろん、機内食を食べたり、眠りについたりする様子がそのまま伝わってくる。一方、添乗員の目線では乗客とのコミュニケーションや接客の模様が収められ、ビジネスクラスのリアルな日常が体感できる。

ウェアラブルカメラによって、機内で過ごすいろんな人の目を通して映し出される映像は実に新鮮。広々とした空間や提供される美味しそうな料理、客室乗務員のこまやかな気遣いなど、知られざるビジネスクラスの魅力を余すところなく知ることができ、乗客たちのリラックスした表情からはANAビジネスクラスの品質の高さが感じられた。

なんとなく敷居が高そうなビジネスクラスが、グッと身近に感じられる新CM。今回放映を開始するCM「格納庫編」のほかにも、アプリ予約から搭乗までを映す「アプリ編」、実際のビジネスクラスの機内の様子がわかる「機内編」の動画がANAスペシャルサイトにて見ることができる。体験ムービーを見た後に、次は自分自身の目で確かめたくなってしまうかも?

  • ウェアラブルカメラを装着した乗客や客室乗務員のリアルな映像がオモシロい!
  • 広々としたシートや設備をチェック
  • のんびりくつろぐ乗客。なんだかみんな楽しそう…
  • 客室乗務員さんのスマイル。本当に話しかけられているみたい

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト