ネット界の“旬”なニュースをお届け!

横山由依が総監督に指名されるワケ

2014.12.10 WED

噂のネット事件簿


“みんなと素敵な景色を見る”ために…。Google+に思いをつづった横山 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月8日、AKB48の総監督・高橋みなみが来年の卒業を発表。次期総監督として横山由依を指名したことが話題になっている。

高橋は、トークライブアプリ「755」で、「総監督は自分の代で終わらせるべきでは」「指名することでソロデビューという横山の夢を遠ざけてしまうのでは」など悩んだことも明かす。しかしやはりリーダーが必要だと、全幅の信頼をおく横山を指名することにしたようだ。

発表後横山は、Google+で、

「これから先の10年をかけてみんなと素敵な景色を見る、そんな気持ちじゃないとだめだなと思っています」
「先輩たちがいるあいだにたくさんのことを学び力を借りながら、後輩たちに支えてもらいながら自分にできること自分の総監督の形をこの一年探したいと思います」

と決意を表明。

総合プロデューサーである秋元 康氏は、こちらも「755」で「横山には、『高橋みなみの代わりになろうとするな。高橋みなみの代わりは誰にもなれないように、横山由依の代わりも誰にもできないんだ』とLINEを送りました」と投稿した。

では、横山を“ゆいはん”と慕うファンはどう思ったのだろうか。ツイッター上には、

「ゆいはんが総監督なら、ゆりあ・さや姉・指原がいるから姉妹グループとのパイプも強いし
先輩にはきたりえとかもっちーもいるし
適任だよね」
「ぱるるをはじめ、9期が支えると思うので頑張って!」

と、姉妹グループとの絆もある横山は適任だという見方が寄せられている。また、

「先輩にほんと認められてんだなー!」

という声も。

振り返れば、篠田麻里子からチームAキャプテンを、そして大島優子からチームKのキャプテンを任されてきた横山。先輩から認められる“人間力”には定評があるということだろう。今度は自分がグループ全体を“先輩”としてリードできるか、その手腕が注目されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト