よい思い出はよい“音”でも残したい…

iPhoneで高品質な録音を

2014.12.12 FRI


本体サイズ:約50(H)×57.5(W)×16(D)mm 重さ:約30g
iPhoneで撮った写真のキレイさは十二分と言えるほどのレベル。「風景の記録」に不満を覚えている人は少ないでしょう。しかし「音の記録」となると話がちょっと変わってきます。

内蔵マイクはそもそもモノラルですし、性能には限界があるため、「旅先で出会った自然や、イベントを録画したものの音の臨場感がイマイチだなあ」と少し残念に思うことも…。そんな不満を解決するのが外付けステレオマイク『IK Multimedia iRig Mic Field』。iPhone(5以降)をはじめ、iOS6以上の機器に対応していてコンパクトながらかなり高性能なマイクです。

24-bitのADコンバーターのおかげで、ノイズが少ない臨場感のある録音が可能。また状況によって最適な入力ゲイン(音圧)が異なるものですが、そういった調整もダイヤルひとつでOK。さらに無料の純正アプリ「iRig Recorder」を使えば、どんな音で録音されているか実際にヘッドホンで確かめながら収録が可能となっているので、あとで「こんな音じゃなかった…」とガッカリするという心配も無用です。この純正アプリだけでなく、GarageBandなどのiOS Core Audio対応アプリなどでも幅広く使えるのもポイント。

Lightning端子に直接挿すだけで使える手軽さにより、とっさの録音に手間取ることもありませんし、90度の角度調整が可能なのでiPhoneを平置きして使う場合、モニターを見ながら対象に向けて使う場合、そのどちらでも左右の音を正しく拾えるようになっています。

1万円オーバーの価格ですが、使用されている部品、機能を考えればそれでも「お手頃」といえるでしょう。会議の録音にも活躍しますし、何より年末旅行の思い出を、いい感じの動画で残そうと思っている人は、検討の価値ある“投資”なのでは?
(のび@びた)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト