ネット界の“旬”なニュースをお届け!

企業アカ「インド人コラ画像」祭り

2014.12.15 MON

噂のネット事件簿


Twitterに明るく話題を振りまく井村屋の公式アカウント ※この画像はサイトのスクリーンショットです
“インド人フリー素材”が企業のツイッターアカウント間で大ブレイクし、ネットでにわかに話題をさらっている。

元ネタは、2013年にデビューした一卵性双子姉妹のHIP HOPユニット・「MIKA☆RIKA」の2人。MIKAさんとRIKAさんは、「もっと私たちのことを知ってほしい」という考えのもと、“肖像権にサヨナラ”し、広告でもカタログでも同人誌でもMAD動画でも、つまりは何でも自由に使っていい素材として、自らがモデルになった“フリー素材”サイトを11月20日に立ち上げたのだ。

この2人にインスパイア(?)されたのが、インドの語学留学学校「Misao Language Institute」。インド人のDEVさんとSANさんが、「DEV☆SAN」として「MIKA☆RIKA」と同じ構図の画像を多数公開。2人がソファに寝そべったり、頬の横でVサインをしていたりする写真はまたたく間に大人気となり、ネットユーザーたちの創作意欲をかきたてた。

こうした流れに企業公式のツイッターアカウントでいち早く目をつけたのが、井村屋だ。DEVさんが「お赤飯の素」という商品画像とともに「今日の夜はお赤飯だって♪」と微笑んだり、「美し豆腐」という商品では「日本は寒くなってきました」という文字の後ろで、「湯豆腐一つ!」と手を挙げるSANさん、それにDEVさんが「インド暑いって…」とツッコミを入れるなど、文言も秀逸。これに「山芳製菓株式会社(わさビーフ)」「Yahoo!検索公式」など、いわゆる「公式アカ」たちが触発され、続々と“作品”を投稿する、ちょっとしたお祭りになった。

井村屋はなぜコレに目をつけたのだろうか……。公式アカウントの“中の人”を直撃した!

――“コラ画像”をやろうと思ったきっかけは?

「本家MIKA☆RIKAさん登場の時も、『いいなぁ、使えるんだ…』と思っていたのですが あまりにも写真がキレイ過ぎて、画像加工やコピーの素人が手を出すと活かせないなぁと思っていたところに、ユルイ感じの『DEV☆SAN』が出ましたので、これならコラというか商品画像とキャッチ(コピー)を入れるだけでポスター風で作れるかな?ということで…」

ちなみにコラ画像の作成方法は、Excelに画像を貼り付け、ワードアートを利用して文字を入れたのだそう。

――顔と商品、そしてセリフの組み合わせについて、何か「こだわり」ってあるのでしょうか?

「DEV☆SANの画像とにらめっこしながら、季節感を出すように商品をとっかえひっかえハメながら、こんな感じの時かなぁ…と。あとは、見た人に何かしら刺さってくれるといいなぁと。考える2:思いつき8でした」

――「公式アカウント」のなかでも特に人気を集めている井村屋が、SNSで心がけていることは?

「友人、知人とコミュニケーションを取る場に企業がお邪魔しているわけですから 『ウソはつかない』と『なるべく、お知らせで留める』です」

そんな井村屋、その後“本家”「MIKA☆RIKA」のアカウントから直接リクエストをもらい、結局「MIKA☆RIKA」ネタのコラ画像も作っちゃっている。

ちなみに、「フリー素材インド人~私たち、無料です。~」は、まだまだβ版。次回の本公開では、「インドや世界の市場も考慮してざっと10万を超える素材を配布」する予定とのこと。井村屋も「その時には、もしかしたら(また)…フフフ」と意味深な反応。どの程度、真実味がある話なのか、はたまたネタなのか…。いろいろツッコミたくなる気持ちをぐっと抑え、今はその日を心待ちにしたい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト