福山、イチロー…TOP10の顔ぶれは?

2015新成人「憧れの男」1位は

2015.01.07 WED


福山雅治がさすがの1位! ※画像はサイトのスクリーンショットです
今年の「新成人」は、1994年4月2日から1995年4月1日生まれまでの20歳たち。「最近の若いヤツは、男に元気がない」なんて言われて久しいけど、はたして彼らはどんな大人になりたいと思っているのか? やがて“後輩”として職場にやってくる彼らの価値観を探るべく、新成人男子100人の「憧れの大人像」を調査してみた。

〈新成人が憧れる理想の大人 30~40代編〉
(上位3人まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計 協力/アイリサーチ)
1位 福山雅治 123pt(前年1位)
2位 イチロー 49pt(前年2位)
3位 木村拓哉(SMAP) 38pt(前年5位)
4位 堺 雅人 37pt(前年4位)
5位 長瀬智也(TOKIO) 36pt(前年10位)
6位 松岡修造 31pt(前年8位)
7位 向井 理 23pt(前年TOP10圏外)
8位 岡田准一(V6) 22pt(前年TOP10圏外)
9位 西島秀俊 17pt(前年TOP10圏外)
10位 中居正広(SMAP)15pt(前年TOP10圏外)
10位 上田晋也(くりぃむしちゅー) 15pt(前年6位)
10位 大泉 洋 15pt(前年TOP10圏外)

なんと1、2位の2人をはじめ、上位勢は昨年の新成人に調査した結果とほぼ同じ顔ぶれに。特に福山雅治の人気ぶりが際立っている。いったい彼らの何が新成人男子たちを惹きつけるのか? 寄せられたコメントをご紹介しよう。

●1位 福山雅治 123pt
圧倒的支持の理由としては「かっこいい」(福島県)、「ずっと若々しくてステキです」(神奈川県)と、衰えぬルックスを挙げる声が多かったが、「全てがかっこいい 下ネタ好きなのもいい」(埼玉県)、「いつもかっこよくかといって堅苦しくないから」(北海道)と、ラジオで話す下ネタなど、お茶目な人柄も抜群の支持を得ているようだ。

●2位 イチロー 49pt
「生き方・言動がカッコイイから」(茨城県)と、ストイックなイメージに憧れる新成人が多いよう。「長きにわたり世界で活躍する努力の天才だから」(石川県)、「長い間、世界を舞台に活躍しているから」(石川県)など、“世界で活躍している”ことを強調する声も多かった。イチローがメジャーに挑戦すべく渡米した2001年は、今の新成人たちが小学校に入学した年。そのころから現在に至るまで、長きにわたる世界での活躍は、強烈な印象を残しているようだ。

●3位 木村拓哉(SMAP) 38pt
今の新成人たちが生まれた1994年には、すでに『あすなろ白書』などのドラマに出演し、トップアイドルとして絶大な人気を獲得していた木村拓哉。彼らが物心つきはじめた2000年代以降は、そうしたポジションとは異なるステージに活躍の舞台を広げつつあったが、貫録の3位に。前年より順位を上げているのはさすがの一言。「男前だし、包容力がありそうだから」(岩手県)と、SMAPの中心メンバーとして活躍する姿に憧れる男子が多いようだ。

●4位 堺 雅人 37pt
『半沢直樹』の大ヒットを受けて4位にランクインした2014年に引き続き、4位をキープ。「楽しそうに生きてるから」(埼玉県)、「あらゆる分野で活躍しているので」(神奈川県)など、ドラマ、映画、舞台、CMなどでの個性あふれる活躍が印象的なよう。

●5位 長瀬智也(TOKIO) 36pt
昨年10位から5ランクUPして5位に浮上! 「何でもできる」(東京都)、「料理とかできそうだから」(茨城県)など、懐の広さが支持されている様子。『ザ!鉄腕!DASH!!』で見せるサバイバル能力の高さなど、男としてのたくましさが憧れポイントになっているようだ。ちなみに昨年は「TOKIO力」なる流行語も生まれた。

総じてみると、「カッコ良さ」はもちろんだが、「自然体で肩肘はらず」「世界で活躍し」「幅広いフィールドで活躍できる能力がある」…といった点が新成人男子たちの「なりたい大人像」といえるかもしれない。かなりハードルは高いけど、先輩ビジネスマンとしても、彼らの「憧れの大人像」に近づけるようになりたいものだ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト