ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ジョジョアニメ意外なED曲が好評

2015.01.15 THU

噂のネット事件簿


テレビアニメ版『ジョジョ』のエンディング曲となったパット・メセニー・グループの「ラスト・トレイン・ホーム」。1月17日からは、アニメのビジュアルを使用したジャケットでの限定シングルも配信される
1月9日深夜にスタートしたテレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編』のエンディング曲が、意外な選曲だと話題になっている。

エンディング曲に採用されたのは、アメリカのジャズフュージョングループ「パット・メセニー・グループ」の「ラスト・トレイン・ホーム」という楽曲。1987年に発表されたアルバム『スティル・ライフ』に収録されている、ゆったりとしたカントリー調のインストゥルメンタル曲だ。

テレビアニメのエンディング曲は、J-POPアーティストや出演声優が歌う、いわゆる“アニソン”が多く、フュージョンのナンバーが起用されるのはかなりレアケース。ネット上の『ジョジョ』ファンたちもこの選曲は予想していなかったようで、ツイッターでは、

「ジョジョ、今期のED曲がパット・メセニーでビビった」
「ジョジョのエジプト編見たんだけど、夫婦で『ぱっ……パットメセニー…………』と唖然としあって終わった。こんなエンディングをアニメで聴くとはw」

と、驚きの声が多数寄せられていた。

ただ、このエンディング曲への反応はかなり良好で、

「我慢出来ずジョジョのメセニーのEDだけ見たけどこれ絶対終盤泣くやつやん
あかんあかん」
「ジョジョの新EDがメセニーのlast train homeになってて、iPod電源切るの
忘れたかと思った。いいよねぇ。この曲。大好き」
「ジョジョはいつも選曲がいいけど今回は特にたまらないw。最近はこれがずっと頭の中で回ってます。当時は青春だったしな(笑」

といったように、作品のイメージに合っていると感じたファンも多かったようだ。

過去のシーズンでは、イギリスのプログレッシブ・ロックバンド「YES」の代表曲のひとつ「ROUNDABOUT」や、アメリカの女性ロックバンド・バングルスのヒット曲「Walk Like an Egyptian」もエンディング曲として使用されている。

登場人物の名前が有名バンドから付けられるなど、音楽とは切っても切れない『ジョジョ』の世界観。それをアニメで再現するために、エンディング曲も大きな要素となっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト