ネット界の“旬”なニュースをお届け!

新月9ドラマ「杏のアヒル口」人気

2015.01.21 WED

噂のネット事件簿


公式ホームページ内の「登場人物相関図」。杏の“違和感あるアヒル口”は必見… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
女優・杏主演のドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)が1月19日にスタートし、初回平均視聴率が14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調な滑り出しをみせている。

同ドラマは、「人生に恋愛は不要だ」と考える“恋愛力ゼロで恋愛不適合者”の男女が、とある事情から仕方なく結婚を目指すことになり、恋愛感情を持たぬまま、デートを重ねていく物語。杏は東大大学院を卒業し、内閣府の経済総合研究所で働く、合理主義者のキャリアウーマン・藪下依子役。そして、母親と2人暮らしで文学や芸術の世界に浸かる「高等遊民」を自称しつつも、実態は“ニート”の谷口巧役を長谷川博己が演じている。

ドラマ『リーガルハイ』シリーズや映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を手掛けた脚本家・古沢良太によるテンポのいいコミカルなやりとりが評判となっている同ドラマだが、さらに注目を集めているのが杏の見せる“上目遣いにアヒル口”の変顔だ。依子(杏)が、デート時に決めポーズとして見せる“不自然なアヒル口”は、多くの人の印象に残ったよう。ツイッターでは、

「杏ちゃんのアヒル口もなかなか笑えた(笑)」
「杏ちゃんのアヒル口の上目遣い可愛すぎww」
「杏ちゃんのアヒル口がかわいくないはずがなくて笑いころげた」
「杏のアヒル口怖すぎww」

と、絶賛したり、違和感のある仕草にウケたりするコメントが多数投稿されている。また、相手役の長谷川の演技についても、

「モテ男長谷川博巳の魅力を完全封印してるところが凄いと思った」(原文ママ)
「テンポいいし高等遊民クソワロタ」

と好評だ。さらに、このドラマを見て、

「月9見てたらデートしたくなったよーい」
「月9ドラマ見てたら…デートしてみたくなった。。。って、相手いないけど(;^_^A)」

と、触発されたなどの投稿も。“最近の若者は恋愛に消極的”といわれがちだが、心に響いた人もいたようだ。今後、恋愛感情を持たないはずの2人の関係はどんな発展を遂げていくのか…、第2話以降も目が離せない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト