ネット界の“旬”なニュースをお届け!

マツコも苦言ネギッコが可哀そう?

2015.01.29 THU

噂のネット事件簿


昨年12月に発売されたシングルはオリコンで5位。もはや“ご当地アイドル”というくくりは失礼か ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1月25日、AKB48の国内5つ目の姉妹グループ「NGT48」が新潟に誕生することが判明。これに伴い、地元のローカルアイドル「Negicco(ネギッコ)」が俄然注目を浴びている。

これまで東京・秋葉原のAKB48を皮切りに、名古屋のSKE48、大阪のNMB48、博多のHKT48と、順調に勢力を拡大してきたAKBグループ。都市の規模から考えれば、「国内第5のグループ」は仙台や札幌あたりが順当かと思われた。ところが、結果的には総合プロデューサーである秋元康氏の「日本海側に作りたい」という思いから、新潟がその地に選ばれた。

すると26日、マツコ・デラックスがTOKYO MXの『5時に夢中』で、NGT誕生について「Negicco(ねぎっこ)がかわいそうだよ。頑張ってきたんだよ、10年も」と、懸念を示した。Negiccoは2003年に結成された、Nao☆、Megu 、Kaedeの3人からなる新潟発のアイドルユニット。もともとは、地元新潟の名産品である「やわ肌ねぎ」をPRするために結成された1カ月の期間限定ユニットだったが、2010年にはローカルアイドルが集う「U.M.U AWARD」でグランプリを獲得。田島貴男、西寺郷太、小西康陽ら大物ミュージシャンが楽曲を提供している。

さらに、同じく26日には新潟県三条市の市長が、「Negiccoが可哀想じゃないか!」というブログ記事を発表し、

「NGT48が誕生しようとも、Negiccoも共存できる、そんな環境づくりを模索していかなければなりません」
「Negiccoが“ドブ板選挙”ばりの尖った活動を本格的に始動させるっ!というのであれば、三条には、三条マルシェという打ってつけの舞台がありますよ…」

と、“Negicco推し”を表明。また27日には新潟県の泉田裕彦知事もツイッターで、「(NGTは)Negicco とともに、飛躍して欲しいと思います」と、コメントした。

こうしたことによりツイッターでもNegiccoの注目度は急上昇。マツコの意見に関しては、

「これは同意せざるを得ないww」
「マツコ、よく言ってくれた。ありがとう」
「これだからマツコさんは好きなんだよな~」

といった感想が。さらに三条市長や新潟県知事のコメントについては、

「三条市長はブログ、県知事はツイッター、Negiccoちゃん達はほんとに新潟県民に愛されてるなあ」
「地元アイドルを大事にする市長って好感もてます」
「三条市長大丈夫っすよ。方向性違うでしょ」

といった声が寄せられている。Negiccoのメンバーも、マツコのコメントをインスタグラムで紹介しており、Negiccoが全国区になったことを喜んでいる様子。AKBグループという黒船襲来はNegiccoにとって脅威かと思いきや、逆に脚光を浴びるチャンスとなっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト