危険!深夜に観ると胃袋が刺激されまくり…

新「飯テロ」ドラマがネットで話題

2015.02.26 THU


(C)峰なゆか/ドラマ「女くどき飯」製作委員会・MBS 「女くどき飯」をビデオパスで視聴すると、抽選で10名に1万円分のぐるなびギフトカード当たるキャンペーンも実施中。(3/23まで)ビデオパスアプリでチェックしてみよう。http://auone.videopass.jp/
1月末からスタートした深夜ドラマ『女くどき飯』(MBS・TBS放送、主演・貫地谷しほり)がネット上でじわじわ話題になっている。

Twitter上では毎回放送後、同番組のファンから「女くどき飯に出てくる店に食べに行きたい」「あるある感が面白い」といった内容の感想が寄せられ、ひとしきり盛り上がりを見せる。

ご存じない方のために簡単に紹介しておくと、『女くどき飯』は連載中の同名web漫画をドラマ化した作品。原作は『アラサーちゃん』で一躍人気となった作者の峰なゆかが毎月1回、一般公募の男性と本気のディナーデートに行き、その様子を漫画化するという実録企画だ。「ぐるなび」が運営するwebサイト「みんなのごはん」上で人気を呼び、ドラマでは主人公を“彼氏いない歴5年のライター”(貫地谷しおり)に置き換えて展開される。

“ドラマならでは”の見所は、毎回、実在するデート向きのレストランを舞台に、男性たちとのやりとりを赤裸々に描き出している点。男女の恋愛を描くのに定評のある峰なゆか原作だけに、ただのデートでは終わらない。

「女にとって一番都合の良さそうな男だよね」「男女関係もなんか大学生っぽいんだねー」

など、デート中も相手への本音が炸裂。ドラマでもその魅力が余すところなく再現されている。女子からすれば、内心を代弁してくれるセリフは聞いていて清々しく、男子には女心がわかると評判なのだ。

放送は、毎週火曜日深夜1時11分から(TBSの場合。MBSは毎週日曜深夜0時50分から)。忙しい若手ビジネスパーソンにも比較的観やすい時間帯だが、このドラマ、実はこの時間帯に観るには“危険な作品”でもある。毎回、あまりに美味そうなご飯シーンが登場するため、「飯テロ」パワーが計り知れないのだ。つい禁断の夜食へと手が伸びてしまい…なんてことになりかねない。

そんなメタボリスクを避けたければ、時間と場所を選ばないスマホでの視聴がオススメだ。本作は、KDDIの動画配信サービス「ビデオパス」で独占配信されている。「ビデオパス」は、auスマートフォンやタブレット、パソコンなど、デバイスを選ばず視聴でき、見放題作品は1万2千本以上配信されている。月額562円(税抜)で映画やドラマ、アニメなど、様々な作品が見放題だ。ラインナップ傾向としては邦画が強く、2月25日からは「映画ドラえもん」35周年を記念し、「映画ドラえもん」過去35作品も順次配信開始した。

毎回、女心もデートに使えるお店もチェックできちゃう『女くどき飯』はもちろん、童心にかえって「映画ドラえもん」まで幅広く楽しめるのは嬉しい限り。スキマ時間に、スマホでチェックしよう!
(永代渡/考務店)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト