日本映画界をリードする役者が海を渡ったら…

ハリウッドで通用する俳優1位は?

2015.02.27 FRI

世論調査


現在、公演中の舞台「ハムレット」で主演を演じる藤原竜也。演出家・蜷川幸雄の生誕80周年記念となる今作は、国内公演の後、台湾、ロンドンでも上演予定だ ※画像はスクリーンショットです
岡田准一が今年1月、「日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞(映画『永遠の0』)と優秀助演男優賞(映画『蜩の記』)をダブル受賞したことが話題になった。岡田をはじめ、20~30代で映画やドラマで活躍し、国内で認められている俳優は多い。近年、日本人の若手俳優は、カンヌ国際映画祭で史上最年少で男優賞を受賞した柳楽優弥をはじめ、妻夫木聡や二宮和也、伊勢谷友介、染谷将太らハリウッド映画に出演したり、海外でその演技力を認められたりしてきた。次に続くのは誰なのか、期待が高まる。そこで、今後ハリウッド映画や海外の作品で活躍しそうな俳優を、20~30代の社会人200人(男女各100人)に聞いた。

●ハリウッドでも通用すると思う20~30代の俳優TOP10
(1位~3位まで回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとし集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 岡田准一 134pt
2位 藤原竜也 126pt
2位 山田孝之 126pt
4位 伊藤英明 95pt
5位 松山ケンイチ 79pt
6位 松田龍平 78pt
7位 小栗 旬 58pt
8位 松田翔太 54pt
9位 綾野 剛 47pt
10位 生田斗真 45pt

堂々の1位に輝いたのは岡田准一。昨年はNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演を務め、好評を得た。僅差で2位につけたのは、映画はもちろん蜷川幸雄の舞台の常連としても演技力に定評のある藤原竜也。そして放送中のドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京系)などで見せる独特な個性が光る山田孝之が続いた。上位にランクインした俳優を推す声は以下のとおり。

【1位 岡田准一】
「演技が上手で見た目もハリウッドの俳優に負けないくらい彫りも深くかっこよく見劣りしないので」(35歳、女性)
「日本の伝統を理解した演技ができる」(39歳、男性)
「まずアクションが素晴らしいし、軍師官兵衛で魅せたような怪演ができる俳優だから」(38歳、女性)
「演技派で顔もはっきりしていて、運動神経も良く何でも出来そう。あっちでも絶対いける」(28歳、女性)
「外国人受けしそうな顔つきであるから」(29歳、男性)

【2位 藤原竜也】
「演技がうまい。見てる人を引き込めるのでハリウッドのようなスケールが大きい映画でも通用しそう」(35歳、女性)
「抜群の安定感」(21歳、男性)
「度胸がありそうだから」(女性、37歳)
「賛否両論ありそうだが、あまりいないタイプなのではないかと思ったから」(30歳、男性)
「癖のある日本人役ができそうだから」(26歳、女性)

【2位 山田孝之】
「作品ごとに違う顔があるのはすごい」(35歳、女性)
「意外にタフそう」(34歳、男性)
「存在感があるし演技派だから」(36歳、女性)
「日本の俳優の中でも演技力が高い方なので。また、ユーモアのある明るい演技もできるのでそういう点では海外で受け入れられそう」(26歳、男性)
「見た目が日本人というイメージが強く、俳優としても全然平気そうなかんじがするので」(29歳、男性)

【4位 伊藤英明】
「身長が高くて、筋肉もあるため、見栄えが劣らない」(38歳、女性)
「3枚目でいけそう」(35歳、男性)
「シリアスやアクションなど幅広く活躍できそうだから」(37歳、女性)
「日本人だが、体形や見た目が日本人離れしていることが外国人にも受けそうだから」(38歳、女性)

【5位 松山ケンイチ】
「日本人らしい顔立ちをしているし、演技力も高いため、高評価を得られると思う」(20歳、女性)
「カメレオンのように多様な役ができそう」(34歳、男性)
「演技が上手で渋さの中にも素朴な感じがあるので」(20歳、女性)

映画『ブラック・レイン』でハリウッド進出した松田優作を父に持つ2人もランクイン。【6位 松田龍平】には、「父親の松田優作もハリウッド映画に出演していたので息子も通用しそう。個性的なキャラクターだから認められそう」(38歳、女性)、「お父さんの面影が強いから」(33歳、女性)、【8位 松田翔太】には、「この人の出てる作品にはいつもひきつけられるから」(29歳、女性)という声が寄せられた。

また【7位 小栗 旬】には「演技力だけでなく、バイタリティもすごいので」(36歳、女性)、【9位 綾野 剛】には「シャープな顔つきが、何かスリリングのある映画、狂気を感じさせる役に合いそうだから」(29歳、男性)、【10位 生田斗真】には「身長もあるし海外受けしやすい顔立ちだから」(33歳、女性)という声があがった。

改めて上位の顔ぶれを見ると、“職人気質”を感じさせる役者が目立つ。日本人俳優ならでは独特の味で、その魅力を海外でも発揮してほしいものだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト