ネット界の“旬”なニュースをお届け!

田代まさし、活動再開に批判とエール

2015.03.01 SUN

噂のネット事件簿


ブログでは、「一生薬物をやめつづける」と決意をつづる田代 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
昨年7月まで府中刑務所で刑に服していた、元お笑いタレントでミュージシャンの田代まさしが、復活宣言をしたことが話題となっている。

2000年9月に女性の下着を盗撮しようとして、東京都迷惑防止条例違反で書類送検、その翌年には軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕、さらに自宅から覚醒剤が発見され、覚醒剤所持・使用容疑で再逮捕された田代。その後も、覚醒剤所持とコカイン所持で2004年6月と2010年9月に逮捕された。2010年の時には、同年夏に田代への各界著名人のエールをまとめた書籍『帰ってこいマーシー』が出版されるなど、業界をあげての“応援モード”だったため、これを裏切ったとして、批判が殺到したものだった。

そして、3年半の刑期を終えて2014年7月に出所すると、今年2月20日、約4年半ぶりにブログを更新し、現在薬物依存症のリハビリ中であることを明かした。さらに自身のツイッターで、3月25日にコミックエッセイ『マーシーの薬物リハビリ日記』を発売することを発表。それに先駆け、3月18日には発売記念イベント「田代まさしのごめんねトークライブ」を開催するという。イベントでは3年半の獄中生活や、出所後の薬物リハビリの日々、そして何度も薬物に手を出してしまった原因などを、薬物依存者を支える団体・日本ダルク代表の近藤恒夫氏、プロインタビュアーの吉田豪氏とともに話す予定とのこと。

このたび重なる逮捕騒動を経た田代に対して、ツイッターでは、

「この人、5度も逮捕されてまた復帰しようとしてるんだ…笑」
「よくノコノコ出てくるね~さすが大甘な芸能界事情…」
「表に出るの早すぎやしないか?再発しなければいいが・・・」

と、批判的なコメントが多数見られるものの、

「マーシーがんがれ!!」
「もう塀の中に戻るなよ?」
「薬やらなくたって、笑いのセンスあるのにね。 また、失敗を繰り返さないようにしてほしい」
「田代まさしは今になってあんな禿げ散らかした前科者(何回や)ですが、声はいいしフォーメーションは一番うまいし絵の才能もあってお笑いもできる多才な人なんです」

など、エールを送る投稿も見られる。

以前、不祥事を繰り返す田代に対して、ネット上では呆れと揶揄を込めて「神」と呼ばれたことがあった。しかし、ツイッターには、「マーシーの笑いのセンスは神だったよね」という声があるように、ずば抜けたセンスがあったのは確か。やや復帰には早いのでは、との声が多いが、今度こそ更生を果たしてほしい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト