私の知らない世界に出会える、本のプレゼントはうれしい!

宮崎香蓮

2015.03.05 THU

今週の彼女

1993年11月20日生まれ。長崎県出身。2006年、第11回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞受賞。女優として映画『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』など数多くの作品に出演。現在、大河ドラマ『花燃ゆ』で入江すみ役を演じている。
NHKの大河ドラマ『花燃ゆ』に出演中の女優・宮崎香蓮ちゃん。現在、早稲田大学の社会科学部に通う現役の女子大生でもあります。

─ 二足のわらじで多忙な毎日だけど、お休みの時は何をしているの?

読書好きなので、移動中、お風呂、寝る前など、毎日どこかで本を読んでます。大学生だし、新書やビジネス書も読まなきゃなんですが、小説ばかり。本に登場するいろんな世界を旅できるのが楽しい!

─ 最近はどんな小説を?

“頭のいい子ども”が出てくる小説が好きなんですよ。石田衣良さんの『カンタ』とか、朝井リョウさんの『星やどりの声』とか。小学生なのにやたら論理的に話す一方、幼さも残している登場人物にキュンときます(笑)。

─ 男性から本をプレゼントされるのはアリ?

自分の知らない本に出会えるので、すごくうれしい! 話の捉え方は人それぞれなので、同じモノを読んで感想を話し合いたいですね。

─ 今年、大学4年生。香蓮ちゃんにとって、30オトコは恋愛対象として年上過ぎる?

仕事柄、大人の男性に囲まれていますが、みなさん素敵な方ばかりです。いろんなことを教えてくれるし、何をぶつけてもキャッチしてくれる。尊敬できるし、年上の男性から学ぶことは本当に多いです。できればずっと甘えていたいくらいですね(笑)。

森カズシゲ=撮影/清田隆之=取材・文

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト