ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Ami炎上で株を上げた嫌われ芸人

2015.03.18 WED

噂のネット事件簿


「炎上ボーイズ」宣言をした鈴木拓のツイート ※この画像はサイトのスクリーンショットです
“鬼ごっこ”バラエティ番組『逃走中~誘惑の扉~』(フジテレビ系、3月15日放送)に出演した女性ユニットE-girls・Amiの行動が、ネット上で物議を醸した。Amiは、制限時間が残っていても賞金を得られる“途中リタイア制度(自首)”を選択し、121万7400円をゲットしたためだ。

Amiは、ルール違反はしていないのだが、同番組ではたびたび“お金目当て”で自首を選択した芸能人に賛否両論が巻き起こる。過去、自首を選択し、炎上した人物といえば、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が有名だ。

通常、その本人に批判が殺到し、終結に向かうこの類の事案だが、なぜか今回は鈴木をはじめとした、“炎上芸人”たちが攻撃の対象になってしまった。今回の放送直後から、鈴木のツイッターには、

「おい!お前が逃走中で自首するハードル下げたせいで真似する奴出てきたぞ!」
「逃走中で自主した子が新たに叩かれてますよ!?」(原文ママ)
「逃走中での行為により大炎上しているイーガールズのAmiさんに応援メッセージをどうぞ」

などというツイートが寄せられる事態に。またキングコング・西野亮廣と南海キャンディーズ・山里亮太のツイッターにも、

「鈴木拓が逃走中に出演しなかったせいでAmiが自首役を買ってブログが炎上したじゃねーか
鈴木拓に代わって責任とれよ」

と、同一のムチャぶりをする投稿が寄せられ、西野は、

「Amiさんが、どなたか存じ上げませんが、とにかく鈴木拓さんが逃走中に出演しなくて申し訳ございませんでした」

といわれるままに謝る一方、山里は、

「拓さん、らしいのでちゃんと出てください…我らクズ三兄弟とか言われますが、このような高尚なクレームは私みたいなものには荷が重いです…」

と鈴木へバトンを渡すかたちで反応した。これらに対し、当の鈴木はというと、

「鈴木はE-girlsではありません。
E-boys(炎上ボーイズ)です」

と、相手の言動を逆手にとった見事な返しをツイート。炎上上級者の余裕すら感じる投稿には、「やるねー笑」「さすがです」という声が集まっている。

トバッチリではあったものの、熟練したツイッターの返答で、鈴木は逆に株を上げた模様。芸人としてオイシイ思いをしたのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト