ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ある有名人が…」話に辟易の声も

2015.03.21 SAT

噂のネット事件簿


結局、どんな時でも内緒話は嫌われるということか…
お笑い芸人の千原ジュニアが、一般人にサインを求められた女性タレントがそれを無視した現場を目撃。それをラジオ番組で報告したところ、一部から非難を浴びている。無視した女性タレントではなく、なぜ千原が責められるのか?

当日の千原のトーク内容は以下の通りだ。千原がホームで新幹線を待っていると、女性タレントが新幹線から降りてきて、その隣にはサイン色紙とペンを持っている少年がいた。少年は必死にサインを求めているものの、女性タレントはそれを無視。トボトボと戻ってきた少年は千原に気づき、千原にサインを求めたため、千原は「代わりに書いたるわ」と言って、女性タレントの名前を書いたという。

3月初めには、ナインティナインの岡村隆史もラジオ番組で芸能人の“悪行”を告発し、ネットで話題となった。某テーマパークを訪れた岡村は、園内のレストランで有名女性歌手が窓際の席への変更を求めている場面に遭遇。その歌手は「○○ですけど!」と名乗ったが、名前を聞いた店員は「存じ上げてます。それでもできません」と答えたそうで、岡村は「赤っ恥ですよ」と語った。

こうした話について、ツイッターには、

「誰なんだろう。気になる。。」
「無視はないよな。写真、サインは事務所によってはNGだけど代わりに握手もあるのに」

と、女性タレントに憤る声はあがっている一方で、

「誰なのか明かすことが出来ないのなら言うべきではないこと。作り話とも受け取れる」
「名前出さないならこの手の話をメディアで話すな、楽屋話にしろ」
「どこまでが事実なのか」

といった声も寄せられており、匿名掲示板では、千原や岡村に対する批判的な書き込みが、話に登場した有名人への批判を上回っている。まさか岡村や千原レベルの芸人が作り話をするとは考えにくいが、真偽を判断しようがない匿名話を快く思わない人が多いということだけは確かなようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト