ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ギャル不滅!agehaメンエグ復刊

2015.03.25 WED

噂のネット事件簿


復刊が決まった『小悪魔ageha』。「キャバ嬢のバイブル」と呼ばれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2014年5月号で休刊していたギャル系ファッション誌『小悪魔ageha』が、15年4月18日に復刊することが明らかになった。

同誌は05年10月に『小悪魔&ナッツ』という名前で創刊。その後『小悪魔ageha』と改名し、06年10月から月刊化された。しかし、14年4月に当時の出版元であるインフォレスト社の倒産を受け休刊。同年12月に『小悪魔agehaメモリアルBook』(主婦の友社)として1冊限りの限定復刊を経て、今回ネコ・パブリッシング社から隔月誌として正式に復刊することとなった。

『小悪魔ageha』といえば、キャバクラ嬢に愛読されていることでお馴染みのファッション誌。過剰にキラキラした表紙に派手なメイクのモデル、そして“盛りに盛った”髪型などが特徴的だ。

また、“ギャル男”向けのファッション誌として人気を博した『men’s egg』(13年10月に休刊)も、『men’s egg GOLD』(大洋図書、4月17日発売)として復活する。こちらはギャル男全盛時に青春時代を過ごした30代の男性がターゲットだという。

奇しくも男女のギャル系ファッション誌がほぼ同時に復活することになり、ツイッターでは、

「小悪魔ageha復刊とか幸せすぎて泣けるんだけど」
「休刊になったときほんと悲しかったから嬉しい。最強のギャル雑誌だと思ってる agehaらぶ〜」
「メンズエッグ復活とかやば!嬉しい!」

などと、歓喜する声が多数投稿されている。さらに、

「どうせ時代は回ってくるよ。阿呆みたいな厚底だのサイケファッションが戻っ
てきてたように」
「清楚の時代はもう終わり、ギャルの時代再来っつー事だよ……ギャル最高。原始、ギャルは太陽であったのだ」
「ageha復活するしメンズエッグも
1号限定だけど復活するし
これはギャルギャル男の時代
また最到来じゃね」

と、この復活劇がギャル文化ブームの再来の兆しではないかと予想するネットユーザーも多かった。

ただ、30代をターゲットとした『men’s egg』については、

「men’s eggが復活するらしいんたけど、30代男性向けカジュアルマガジンってどう言うこと!?
もし、eggが復活して30代女性向け雑誌になったら萎える」
「若者むけのメンズエッグじゃないと メンズエッグじゃないだろ!」

との意見も。元ギャル男ではなく現役のギャル男をターゲットにしてこその『men’s egg』というイメージを持つ人が多いようだ。

ちなみに、『men’s egg GOLD』も、今後定期的に刊行する予定だという。読者の意見次第では、現役ギャル男向けにシフトすることもあるかも?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト