ネット界の“旬”なニュースをお届け!

推しジャン アイドルが注意すべきか

2015.03.24 TUE

噂のネット事件簿


推しジャンが原因でイベントが中断されたアイドリング!!!。2月に出た解散報道については、アイドリング!!!公式サイトにて神原氏が「昨年末より番組及びグループ活動の終了の話が現実味を帯びてきたのは事実です」とコメントを発表している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月21日、関西テレビ放送の敷地内にあるイベントスペース「なんでもアリーナ」で開催されたアイドルイベント「Happy Jam in Osaka vol.20」で、アイドルグループ・アイドリング!!!のライブが一部の観客の迷惑行為が原因で中断されるという出来事があった。

問題となったのは通称“推しジャン”と呼ばれる行為。自分の好きなメンバー、つまり「推しメン」が歌っているときなどに、連続してジャンプすることを指す。また、推しジャンをするファンのことを別名“マサイ”とも呼ぶ。アイドリング!!!のファンだという30代の男性はこう話す。

「基本的に推しメンに対するアピールでやっているファンが多いのですが、単純にステージをよく見たいがためにジャンプしている人も多いです。でも、目の前のファンが推しジャンを始めると、完全に視界が遮られてしまうので本当に迷惑です。ジャンプの着地で足を思い切り踏まれたこともあります」

アイドリング!!!の統括プロデューサーであるフジテレビの神原孝氏は、3月19日にアイドリング!!!公式サイトで、

「一部の観客によるジャンプ等の行為により、他の大多数のお客様が迷惑を被っています。(中略)今後、イベント及びライブにおいて、運営側が迷惑と判断した行為があった場合は、即刻パフォーマンスを中止することといたしました」

と警告していた。ところが21日のイベントで最前列にいた一部のファンが推しジャンを繰り返していたため、パフォーマンス中に曲がストップ。神原氏が登場して、推しジャンをしていたファンに直接注意し、口論となる一幕もあった。

パフォーマンスを中断してまで、迷惑行為を注意するというのは異例の判断。ネットユーザーたちは今回の出来事をどう見ているのか。ツイッターでは、

「メンバーとルールを守ってるファンは本当にかわいそうだけど、一部のルールを守らない迷惑な人がいるのは事実だし、止めたのは勇気ある決断だよね」
「推しジャン、マサイは確かに迷惑ではあるんだけど、運営が激怒する模様は決して気持ちの良いものでは無いな」
「先に注意事項で推しジャン禁止って言ってるのにやるやつが悪いけど、キレてファンに対して暴言のように言葉を発するプロデューサーも悪い」

など、事前に警告があったにもかかわらず推しジャンを繰り返したファンを責める声が多いが、ライブを中断し激高した神原氏についても苦言が呈されていた。また、

「某アイドル集団の場合、メンバーが『推しジャン!見えてますよぉ~(嬉しい)』等、公然と発言したりするので、迷惑なマサイが蔓延っているんですよね」

と、アイドルが推しジャンを喜ぶ発言をするケースもあるために、推しジャンが撲滅されないと嘆くネットユーザーもいた。前出のアイドルファンはこう話す。

「推しジャンを推奨してしまうアイドルもいますが、逆に“推しジャンはやめて”とファンを注意するアイドルも増えています。さすがにアイドル本人に言われれば、従うほかないですからね」

ファンがマナーを守るのは当たり前だが、アイドル自身や運営側もファンのことを考えて楽しいイベントになるよう、言動に注意する必要がありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト