2時間半で金沢に!北陸の人気スポットBEST10

北陸新幹線で行きたい名所1位は?

2015.04.07 TUE

世論調査


これまで東京から長野までしか開通していなかったため「長野新幹線」と呼ばれていたが、晴れて「北陸新幹線」となった。なお、路線はさらに延長され2023年には金沢~敦賀の開通をめざしている 画像:ぺいさま/Imasia
3月に長野~金沢間が開通、北陸新幹線の開業で北陸地方に注目が集まっています。これまで鉄道ルートでは、東京から金沢まで4時間近くかかっていたのが、最短で2時間28分で行けるようになり、観光客の大幅な増加が見込まれるところ。ゴールデンウィークに足を運ぶ人もいるでしょう。そこで首都圏在住20~30代の男性社会人200人に、北陸で行ってみたいスポットを聞いてみました。

〈北陸で行ってみたい名所TOP10〉
(3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。協力/アイ・リサーチ)
1位 兼六園 158pt
2位 黒部ダム/黒部峡谷 131pt
3位 和倉温泉 86pt
4位 輪島 68pt
5位 東尋坊 48pt
6位 合掌造り集落 47pt
7位 山中温泉 36pt
7位 金沢市立安江金箔工芸館 36pt
9位 越前和紙の里 29pt
9位 永平寺 29pt

水戸偕楽園、岡山後楽園と並ぶ、日本三名園の兼六園がトップ。2位も日本最大級のダムとして名高い黒部ダムが票を集めるなど、上位は「景観」が魅力の名所が目立つ結果に。3位の和倉温泉は加賀屋をはじめ高級旅館の並ぶ日本有数の温泉地として有名ですね。以下、それぞれに寄せられたコメントをご紹介しましょう。


1位●兼六園
「行ったことがなく、金沢といえば兼六園だと思うから」(39歳)
「子供の頃に行ったことがあるが、大人になった今、もう一度訪れたい」(36歳)
「日本三大名園を一度この目で確かめたい」(33歳)
「歴史があり、景観を楽しんでみたいから」(37歳)
「伝統的な日本庭園を見てみたい」(33歳)

2位●黒部ダム(黒部峡谷)
「トロリーバスに乗りたい」(39歳)
「ダムを見学できる場所として珍しさがあるから」(38歳)
「壮大な景色が楽しめそうなので」(34歳)

3位●和倉温泉
「加賀屋に一度宿泊したい」(37歳)
「有名な温泉が近くなったので。 旅の楽しみの1つだから」(38歳)
「温泉めぐりをしたいから」(28歳)

4位●輪島
「工芸品が有名で、直に見てみたいから」(30歳)

5位●東尋坊
「以前行ったことがありとても印象的だったので」(38歳)

6位●合掌造り集落
「世界遺産だから」(37歳)

7位●山中温泉
「温泉めぐりをしたいから」(28歳)

7位●金沢市立安江金箔工芸館
「金箔に興味があるから」(35歳)

9位●越前和紙の里
「和紙に興味があるので」(35歳)

9位●永平寺
「私の父の墓を管理している寺が、曹洞宗のお寺で、その総本山である永平寺に行ってみたいと思ったから」(30歳)

ちなみに、ひとつも選ばなかった人が69人(35%)もいたのが、ちょっと寂しい感じ。実は長らく東京住まいの筆者、これまではアクセスの不便さから北陸を旅先として考えたことはほとんどありませんでしたが、2時間半で行けるのであればとさっそく旅行を検討中。足を運ぶ人が増えれば、もっと身近な存在になることが予想される北陸地方。皆さんはどこに行ってみたいですか?
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト