ネット界の“旬”なニュースをお届け!

声帯摘出つんくに各所から応援の声

2015.04.07 TUE

噂のネット事件簿


「ハロプロのライブ告知みたいだ」との声もあがっていた、近畿大の入学式特設ページ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
母校・近畿大で声帯摘出を公表した、「シャ乱Q」のボーカリストで音楽プロデューサーのつんく♂に、各方面から応援の声が寄せられている。

衝撃の報告は、4月4日に行われた近畿大の入学式で発表された。今年の同大の入学式は、卒業生であるつんく♂がプロデュースすると事前に告知されていた。そして式の終盤、壇上に登場したつんく♂は、笑みを浮かべたままなぜか押し黙ったまま。するとスクリーンにメッセージが表示され、声帯を摘出したことが明らかにされた。

つんく♂は2014年3月に喉頭がんであることを公表し、同年9月には「完全寛解しました」とブログで報告していた。しかしその後の検査で再びがんが見つかり、患部を治療するために今回、声帯の全摘出に踏み切ったという。このニュースはネット上で大いに話題となり、ツイッターには、

「音楽の仕事してて声帯取るのは相当な覚悟だったんだろうな……」
「声のお仕事をされていたので、すごい辛い選択だったと思います」
「辛い決断だったと思います。 これで完治するといいですね」

など、応援の声が続々と寄せられている。また、つんく♂がプロデューサーを務めるモーニング娘。のOGメンバーも、

「ニュースで知りビックリしました…」(藤本美貴)
「いまだに現実だと思いたくなくショックを隠せません」(飯田圭織)
「今回の事はショックな気持ちが隠せないのが今の正直な思いです」(中澤裕子)
「正直…ショックな気持ちで
まだ動揺しています」(保田圭)
「ニュースを見てびっくりしました」(高橋愛)
「ショックで悲しいし悔しです。。。」(吉澤ひとみ)※原文ママ

と、一様に驚いた様子だったが、同時に彼女たちは、

「人生の大先輩の決断はまた私に強さをくれました。
これからもつんくパパについていきます!!」(吉澤ひとみ)
「逆にパワーを頂いたような気がします」(保田圭)
「今後のご活躍を期待し、ずっとついていきたいと思います!」(中澤裕子)
「これからもカッコいいつんく♂さんについていきます!」(高橋愛)

など、“育ての親”であるつんく♂の決断に感銘を受けたよう。

このほかにも、盟友であるシャ乱Qのメンバーをはじめ、小室哲哉、YOSHIKI、泉谷しげるなど、著名人らが応援コメントを寄せている。つんく♂もブログで、

「ここから、また、新しい『つんく♂』として精いっぱい頑張っていくので、応援の程、よろしくお願いいたします!」

と、綴っており、まだまだ様々なシーンで活躍する彼の姿が拝めそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト