ネット界の“旬”なニュースをお届け!

事務所設立?能年玲奈に心配の声

2015.04.28 TUE

噂のネット事件簿


4月25日に更新したブログ記事では元気な姿を見せている能年 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
女優の能年玲奈(21歳)が個人事務所を設立したというニュースが、ネット上を賑わせている。

『東スポ』や『週刊ポスト』『週刊文春』などが報じているところによると、能年は自身が代表となり、演出家の滝沢充子さんと今年1月、「三毛andカリントウ」という名前の会社を設立したとのこと。

滝沢さんは独自のメソッドで能年の才能を開花させた人物とされ、能年も「生ゴミ先生」などと慕っている。「生ゴミ先生」とは、レッスン中、能年を叱咤激励するなかで、「女優にならなきゃ(あなたは)生ゴミ」と言って以来のあだ名だという。

最近メディア露出が減ってきたという指摘とともに現在の所属芸能事務所との関係を不安視する報道がなされると、Twitterには心配する声が殺到している。

「今後の活動に影響が出てきそうだなぁ」
「洗脳騒動とかあるけど、真相をはっきりさせてはやく沈静化してほしい。
能年さんのこれからの仕事に影響したりすることがないようにしてほしいですね」

と今後の活動への影響を懸念する声のほか、

「能年玲奈は大丈夫なのか…
心配でしょうがない。。。」
「能年玲奈ちゃんの事が心配です。
大変な騒ぎにならないように願いたい。
まだ若いのでこれから演技才能か発揮できるよ続けて欲しいです。
悲しいだけです」(原文ママ)
「能年ちゃんに嫌な噂がたってて、悲しい。周りの大人は彼女を利用するのではなくて、演技ができる環境を作ってほしい。彼女の『今』は今しかないから…。キラキラした空気をまとってる時間は永遠じゃないから」

などの声も。どのような経緯で事務所設立に踏み切ったのかは明らかにされていないが、これからも素敵な演技をみせてくれることを祈るばかりである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト