ネット界の“旬”なニュースをお届け!

春日 水泳&ボディビルでスゴい体

2015.05.14 THU

噂のネット事件簿


鍛え上げた肉体を披露した春日。隣は同大会の同じ階級で2位だったなかやまきんに君 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、「フィンスイミング ワールドカップマスターズ2015」の男子サーフィス50mの部・V1区分(35~44歳)日本代表に選出。さらに10日に行われた「第23回東京オープンボディビル選手権」大会では5位入賞(75kg級)を果たし、その両立ぶりが話題となっている。

脂肪が多いほど水には浮きやすいとされ、「筋肉を鍛えたボディビルダーは水に浮けず、溺れてしまう」というのはよく聞く話。相性の悪そうな2つの競技を両立していることに対し、ツイッターには

「筋肉ついてて水泳もできるの?あ、でも潜水だからいいのかな?」
「ボディビルと水泳って両立できるのか。筋肉って浮かないんじゃないの?」
「ボディビルと水泳の両方で結果を残す、って凄い。筋肉量多いと浮きにくそうなので」
「春日すごくないか?
水泳の重りになるボディビルの筋肉あるのに、サーフィスで日本代表とかさ」

と驚きの声が続出した。

また、「フィンスイミング ワールドカップマスターズ2015」(イタリア・ラベンナ)の本大会は6月6日~7日に開催が迫っていることから、

「体脂肪削ぎ落としたガチムチは水に浮かないから水泳苦手とか聞くけどフィンスイムん時は脂肪つけてくるのかな」
「水泳の筋肉とボディビルの筋肉は違うから今後並行できるかどうか配(編註:心配)もあるけど、元々潜水泳法の能力が高いので楽しみ」

と、今後の春日の体づくりに関心をもつ人も。

実際に、春日のフィンスイミングチャレンジの模様を追った『炎の体育会TV』(TBS系・5月9日放送分)で見せた“競泳用”の体(収録は3月)と、先日のボディビル大会時の体を比較すると、確かに一気に筋肉が増え、ムキムキになっているように見える。

ここからさらに競泳用の体形に戻してくるのだろうか? フィンスイミング本大会まであと2週間と時間は少ないが、“超人”春日に期待したい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト