ネット界の“旬”なニュースをお届け!

外国人芸人 毎日ノー残業にすべき

2015.05.19 TUE

噂のネット事件簿


自身の考えをはっきり述べる厚切りジェイソンのツイート ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アメリカ人のお笑い芸人・厚切りジェイソン(29歳)。IT企業の役員で、バリバリのビジネスマンでもある彼のツイッターアカウントには、これまでにも様々な相談が寄せられてきた。そんななか、日本の「残業」についてツイッターで展開した持論が話題だ。

5月14日、

「ノー残業デイってなんですか?
僕のすんでる地域ではありません!
僕は毎日残業です(´;ω;`)」

と訴えたフォロワーに対し、

「仕事を効率良くし、毎日ノー残業デイにすべき。残業前提の仕事はバカバカしい。本当に早く済ませる方法ないの?疑わしいぞ」

と返信。この言葉に、

「ホントこれだわ」
「これはほんとそう思う!残業前提おかしい」
「ほんと厚切りジェイソンの言ってる事は正論
友達は営業で残業無で完璧に仕事をこなしていた。
必要の無い無駄な仕事をわざわざ残業してまでやってる連中は糞すぎる」

と同意が相次いだ。

さらに「ノー残業手当があったらみんな頑張るんだろうな…」というアイデアが投稿されると、これに対して厚切りジェイソンは

「そうなんですよね。日本の一般企業では残業しないと大した給料もらえないというのは、仕事を効率悪くやる人にご褒美をあげている。どんどん効率も競合力も悪くなる
それだとグローバルでの競合が無理ダロウ」

と賛同し、日本企業の体質にまで斬り込んでいる。

もちろん、ツイッターユーザーたちからは、

「効率だけではどうにもならない量を一方的に押しつけ自分はさっさと帰る無能な上司がいるんですよ。もちろん残業代なんて1円もでない。ノー残業は素晴らしい考えですがこうやって苦しめられている人がいることもお忘れなく」

などという反論もあるが、これにも厚切りジェイソンは

「僕はすぐやめるね、その状況だったら」

とバッサリ。

「人それぞれだけど、僕が働く上で大切にしていること
1)楽しいかどうか
2)自分が成長しているかどうか
3)社会に役立っているかどうか
4)自由があるかどうか」

という投稿も、多数のリツイートやお気に入り登録をされている。

エリート会社員とお笑い芸人の「二足のわらじ」を履く厚切りジェイソンの仕事論。一風変わった経歴の彼だが、独自の視点が、ネットユーザーに支持されているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト