ネット界の“旬”なニュースをお届け!

セカオワライブ座席名も「中二病」

2015.05.19 TUE

噂のネット事件簿


SEKAI NO OWARIの日産スタジアムライブの座席表。各エリアに独特な名前がつけられている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4人組ロックバンド・SEKAI NO OWARIが7月18・19日に日産スタジアムで開催するライブ「Twilight City」。その座席の名称がすごいと話題になっている。

「Twilight City」は、2日間でのべ14万人を動員する予定の大規模ライブ。公演名を含めてライブの詳細が不明のままチケットが発売され、すでにソールドアウトとなっていた。

そんななか、5月17日にライブのタイトル「Twilight City」が発表されるとともに、特設サイトがオープン。さらに「スタジアム内MAP」として、ネオンサインを模した文字で、座席エリアごとの名前が書かれたスタジアムの地図も公開された。その座席エリアの名前は以下の通り。

アリーナ席「天空橋」「月光駅前」「鬼屋敷三番街」「花村街」
スタンド1階席「銀河街」「二手観音寺」「稲荷図市」「ゲテモノ横丁」
スタンド2階席「大蛸港駅」「とまと区」「幽霊屋敷跡地前」「三日月街」

いずれも、アニメやゲームに登場しそうなネーミングで、ツイッターでは、

「なにあの題名、
あの、座席。あの世界観。
行きたくなるぢゃんか!!
さすがだな」
「セカオワのライブ座席名称が厨二全開ですごい」
「セカオワのライブ情報にテンション上がり中~♪
それにしても座席の名前が独特すぎる!!笑 早くライブ行きたいなぁー(^-^)」

など、いわゆる“中二病”的な雰囲気を感じつつも、ファンたちはその世界観を楽しんでいるようだ。

2014年の4月から6月に行われたアリーナツアー「炎と森のカーニバル -スターランド編-」では座席に星座の名前を付けたほか、同年秋に富士急ハイランドで開催された「TOKYO FANTASY」でも、座席エリアに「月」「太陽」「ヴィーナス」などと名付けていたセカオワ。個性的な座席名も、ファンにとってはライブの楽しみとなっているのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト