「熱愛報道」「失言」「お家騒動」etc.

マスコミが騒ぎすぎなニュース1位

2015.05.22 FRI

世論調査


ワイドショーなどのテレビ番組は、ついつい見てしまうもの。うんざりすることはあるものの、興味をそそられるニュースも多いですよね
マスメディアで報道される様々なニュース。それぞれの“ニュースバリュー”に応じて扱い方に大小あるが、「騒ぎすぎでは?」と違和感を覚えることも少なくない。皆さんも「こんなニュースどうでもいいんだけど…」と思ったことがあるだろう。そこで、ふだん報道されるニュースのなかから、20~30代の社会人200人(男女各100人)に「マスコミが騒ぎすぎでは?」と思うものについて聞いてみた。気になるランキングは以下のとおり。

●「マスコミが騒ぎすぎでは?」と思うニュースTOP10
(1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptに換算して計算。協力/アイリサーチ)

1位 著名人の熱愛・結婚・不倫・離婚(250pt)
2位 政治家の「失言」(190pt)
3位 芸能人やスポーツ選手の「失言」(168pt)
4位 著名人のお家騒動(132pt)
5位 芸能人のブログやTwitterなどの「炎上事件」(85pt)
6位 著名人の懐事情や金銭問題(年収や借金など)(82pt)
7位 TV局・番組の視聴率の良し悪し(69pt)
8位 首相のプライベート(63pt)
9位 アップルの新製品(50pt)
10位 食品の異物混入事件(30p)

ワイドショーなどが最も得意とするネタでもある「著名人の熱愛・結婚・不倫・離婚」が1位に。以下、「失言」や「お家騒動」などが続いた。それぞれのニュースについて「騒ぎすぎ!」と思ってしまう理由を見ていこう。

【1位 著名人の熱愛・結婚・不倫・離婚】
「著名人の恋愛事情なんて興味がない。恋愛はその人の自由だと思う」(29歳・女性)、「プライベートのことなので騒ぎすぎるのはどうかとおもう」(29歳・男性)、「大衆はそんなに興味がないのに騒ぎ立て過ぎだから」(34歳・男性)、「自分にとっては何の関係もないことだから」(35歳・女性)、「視聴者にはあまり興味のあるものではないのにマスコミが勝手に流して楽しんでいる感じがする」(36歳・女性)

【2位 政治家の「失言」】
「少しでも過剰な言い方をすれば叩くので、おいそれと発言できなくなっている」(22歳・男性)、「発言の前後の流れを無視して、一部だけを切り取って失言とするのは問題がある」(32歳・男性)、「言葉尻をとらえた意味のない報道が多い」(32歳・女性)、「もっと時間をさく事柄があるから」(34歳・女性)、「あまり気にするほどのことでもないのに、ワザワザ大きくしている気がする」(38歳・女性)

【3位 芸能人やスポーツ選手の「失言」】
「話題作り感が強いので」(25歳・女性)、「ちょっとした言い間違いでも話題にするから」(27歳・男性)、「誰だって口が滑るときはある」(28歳・男性)、「政治家ならまだしも、芸能人やスポーツ選手の失言について大げさに報道しすぎだと思うから」(28歳・女性)、「わざわざ取り上げなければ、知らない人も多いし、気にも留めない人が多いと思う。自由な言葉がどんどん聞けなくなってしまっている」(32歳・女性)

【4位 著名人のお家騒動】
「そんなことを知ったところで自分の利益にならない」(34歳・男性)、「事実の成り行きを伝える程度でよい」(34歳・男性)、「くだらない」(36歳・男性)、「そっとしておいてあげてほしい」(37歳・男性)、「どうでもいいことだから」(37歳・女性)

【5位 芸能人のブログやTwitterなどの「炎上事件」】
「そこまで騒がなくても良いと思う」(29歳・女性)、「炎上事件よりももっと時間をさいて報道する事件があると思うから」(33歳・女性)、「たいしたことじゃないのに騒いでる」(38歳・女性)、「実際にはどこも炎上していないことがほとんど」(38歳・男性)

【6位 著名人の懐事情や金銭問題(年収や借金など)】
「興味本位の報道でしかなく、身にならないから」(25歳・女性)、「毎日同じ事を繰り返し報道しているので」(32歳・男性)、「余計なお世話な感じがする」(36歳・男性)、「何でも暴けばいいってものじゃない」(36歳・女性)、「ちょっとした貧乏話で自慢しないでほしい」(37歳・男性)

【7位 TV局・番組の視聴率の良し悪し】
「興味がない」(26歳・女性)、「視聴者側の問題ではないから」(33歳・男性)、「テレビばかりが娯楽の時代ではないし、ましてや録画の機能も充実している昨今で、視聴率について騒ぎすぎるのは疑問」(33歳・女性)、「そこまで重要だと思っているのは、マスコミだけだと思うから」(35歳・女性)、「視聴率で番組の良し悪しが決まるとは思わないから」(36歳・女性)

【8位 首相のプライベート】
「首相が何してたって自分には他人だし、プライベートまで報道する必要はないと思う」(24歳・男性)、「仕事をちゃんとしていれば、プライベートのことまで詮索しなくてもいいと思う」(28歳・女性)、「そっとしてあげてほしい」(38歳・女性)、「プライベートはどうでもいい」(38歳・女性)

【9位 アップルの新製品】
「ビックリするほどの機能性がない」(25歳・男性)、「一企業の新商品をあそこまで大きく取り上げる必要があるのかわからない」(29歳・男性)「毎回新商品が出ると、店頭に並んでいる人を取材したり、解説したりするのが煩わしい」(29歳・女性)

【10位 食品の異物混入事件】
「神経質すぎるし、飲食店がかわいそう」(33歳・女性)、「完全には防げないと思うから」(37歳・女性)、「完全に異物の混入をなくすというのは、食品関係の問題では難しいと思うので」(39歳・男性)

全体的には「興味がない」というコメントと「そっとしておけばいいのに」というコメントが多い印象。なかには重要な報道もあるが、興味本位の覗き見的な“ニュース”にうんざりしている人は少なくないようだ。まあ、web R25も偉そうなことを言えた立場じゃないんですけどね…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト