ネット界の“旬”なニュースをお届け!

鈴木亮平の体重操るプロ意識に脱帽

2015.05.29 FRI

噂のネット事件簿


鈴木のブログにもエールと気遣う声が多数 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
漫画『俺物語!!』(原作・河原和音、作画・アルコ)の実写映画版で、主人公・剛田猛男役を俳優・鈴木亮平(32歳)が演じることが報じられた。「猛男」は角刈り・タラコ唇のゴリラ顔で身長2m、体重は推定120kgという巨漢。正義感が強く、優しい心を持っているが、ちょっと鈍感というキャラクターだ。

身長は186cmと高めの鈴木だが、その「猛男」を演じるにあたり、30kgもの体重増を敢行したといい、ネット上でも大きな注目を集めている。

鈴木といえば、2013年公開の実写映画『HK変態仮面』で主役の色丞狂介役を演じる際、筋肉質な体をつくり上げるため、体重を一度15kg増やしたうえで、脂肪をそぎ落とすというハードなトレーニングを実践したことが大きな話題になったことがある。さらに今年4月にはトークイベントで、ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)で病床にある役作りのため、76kgから20kg減量し、その後10日で元の体重に戻ったことを明かしている。

体重はもとより、体形も自在に操る鈴木に対し、Twitterには、

「鈴木亮平はんぱねー 猛男役のために30キロ体重増やしたとかはんぱねー
(´-`).。oO(誰だかわからなかった…)」
「たけお役鈴木亮平さんなんだ 役作りに凄いプロ意識をかんじるすごえ…… !」(原文ママ)

と、驚きとともに称賛の声が多数あがったが、

「えっ! 短期間に痩せたり太ったり大丈夫? 健康面がちと心配」
「鈴木亮平さん体重の振り幅大きすぎて不安になってくる(・・;) 専門のトレーナーさんが付いてやってるんだろうけど」

など、心配の声も多数寄せられている。

ロバート・デニーロやシャーリーズ・セロンなど、海外の俳優や女優が役作りのために体重を自在に操ることは知られているが、日本人で短期間にここまで体重を増減させる役者は珍しい。「誰かわからなかった」といわれるのは俳優としては本望だろうが、体調を心配するファンはやきもき…といったところのようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト