「コカ・コーラ」の歴史的アートが集結!

不朽のボトル100年史をアートで

2015.07.17 FRI


「コカ・コーラ」ボトルから生まれた歴史的アート作品や、日本人アーティストによる「アートスリムボトル」の展示など、内容は盛りだくさん。会場は六本木ヒルズに面したテレビ朝日「umu」にて、7月19日(日)~24日(金)まで開催中。入場無料
「コカ・コーラ」の“びん”ボトルと聞けば、世界中の誰もが思い浮かべるカタチがある。あのうっすら緑がかった有機的なラインのガラスボトルが誕生したのは、なんと今から100年前。その名を“コンツアーボトル”といって「暗闇で触っても、地面で砕け散っていても『コカ・コーラ』とわかること」を目指して開発され、誕生以来ほとんどカタチを変えていないのだ。

一世紀にわたり愛され続けているコンツアーボトルは、その独創的な形状から多くのアーティストの想像力を刺激し、様々なアート作品を生んできた。コンツアーボトル生誕100周年を迎える今年、それら貴重なアート作品が一堂に会して、世界13ヵ国・15都市を巡回しているのが「コカ・コーラ ボトルアートツアー」だ。

いよいよ、7月19日(日)から六本木ヒルズに面したテレビ朝日「umu」で開催される「コカ・コーラ ボトルアートツアー」に先駆けて、プレス内覧会の模様をお届けしよう。

来場者には、コンツアーボトルの「コカ・コーラ」が手渡されてツアーがスタート。ボトル片手に、まずはアンディ・ウォーホルやノーマン・ロックウェルといった、巨匠たちのアートを楽しもう。アメリカの原風景を思わせる歴史的な作品群は、一度は目にしたことのある親しみ深いものが多く、懐かしい気持ちで名画を振り返ることができる。

しかし、単なる“回顧展”ではないのが、このエキシビションツアーの面白いところ。7月20日(月・祝)に日本で新発売となるアルミニウム素材の「コカ・コーラ」スリムボトルをモチーフに、ミハラヤスヒロやニコライ・バーグマン、さらにはゲスの極み乙女。といった、日本で活躍中のアーティスト、クリエイターが創り上げた“アートスリムボトル”を初公開。作品のベースとなる“スリムボトル”とは、コンツアーボトルの美しいシェイプを引き継ぎ、最先端の加工技術で作られたアルミ製のボトルで、実際に手にするといっそうスリムに感じられる細身のラインはじつにスタイリッシュ。ヒヤリとした口当たりと格別な飲み心地で、1回で飲み切るのにちょうどいい。

さらに、「Coke&Me」と題した体験型デジタルコンテンツのブースでは、撮り下ろした自分の写真を使って、「コカ・コーラ」の広告デザインをその場で作成。エルヴィス・プレスリーやマリリン・モンローといった歴史的セレブのビジュアルと共に、会場内モニターに放映され、来場者が「コカ・コーラ」の歴史の1ページに参加できるという趣向もオモシロい。

「コカ・コーラ」の過去・現在・未来をギュッと凝縮して体感できる「コカ・コーラ ボトルアートツアー」。開催期間は6日間だけなので、この貴重な機会を見逃すな!

  • ハッドン・サンドブロム

    1920年代から活躍し、「もっとも偉大な広告イラストレーター」のひとりとして知られる。サンタクロースとコカ・コーラをモチーフにしたこのような作品を数多く描き、当時のアメリカ市場に絶大なインパクトを残した
  • アートスリムボトル

    アルミニウム素材を使ったスリムボトルをベースに、様々なアーティストが作品を披露。ミュージシャンやデザイナー、フラワーアーティストまで、多彩な顔ぶれが並ぶ。これらは8月12日に伊勢丹新宿店でチャリティ販売される
  • デジタルインスタレーション

    撮影したデータをCG処理し、リアルタイムでモニタに映し出したデジタルインスタレーション。あたかもコカ・コーラの“バブル”のなかにいるような、不思議な感覚にとらわれる
  • 「コカ・コーラ」スリムボトル

    100周年を迎えたコンツアーボトルをモチーフにした、新発売のアルミニウム素材のスリムボトル。シンプルで美しいシェイブは、手にしっくりと馴染み、格別な飲み心地を与えてくれる

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト