ネット界の“旬”なニュースをお届け!

小林幸子ボカロ登場にネット大歓迎

2015.07.26 SUN

噂のネット事件簿


小林は「初音ミクになった気持ち」とノリノリ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
昨年に引き続き、今年も夏のコミックマーケットに参加を表明している歌手の小林幸子。昨年は、初音ミクの人気曲「千本桜」など、ボカロ楽曲5曲をカバーしたCD「さちさちにしてあげる♪」が大評判になったが、このたび、そんな小林の歌声をもとにしたボーカロイド歌声ライブラリ「Sachiko」が登場。7月27日からダウンロード先行発売されるとのことで、注目を集めている。

ボーカロイド歌声ライブラリとは、ある人の様々な“音声素片”(短い音声データ)を収録したパッケージのこと。これを合成したり、編集したりすると、自在に歌声を作ることができる。今回発売される「Sachiko」は、圧倒的なソウルフルヴォイスで「低音から高音まで、重厚感と綺羅びやかなハリのある歌声で生々しく歌い上げる」ことが可能なものとなっており、演歌だけでなく、R&Bやソウル、ブルース、バラードなどにも取り入れることが可能だという。

また、小林の歌唱データからこぶし、しゃくりなどの特徴を分析し、歌い方を再現することができるプラグイン「Sachikobushi」を搭載。さらに「歌います!」「それでは!お手を拝借うううぅ!」といった掛け声や挨拶、会話など、400以上の音声ファイルも付属しており、“小林幸子ワールド”をかなり再現できそうだ。

公式サイトでは小林がインタビューに答えている動画が公開されており、そこで小林は、“自分の声”で色々な曲が発表されることについて、

「“小林幸子”なんだけど、私の知らないところで、私が歌ったことがない歌が、もう勝手にその人その人のプロデュースでできるわけじゃないですか。これはね、楽しみですよね。楽しみっていうか、変な気持ちだと思います」

とコメント。「早く使ってください!」とワクワクしている姿を見せている。そんな小林ボカロ登場に対して、ツイッター上では、

「ついに来たーーーーーーーーーーー!」
「小林幸子さんのボーカロイドとかwwwwwwwほしいwwwwwwwwww」
「はぁ!?小林幸子をもとにしたボカロのソフトが発売されるだとー!?買わなければ」
「小林幸子がボカロになったというのを知り、機能がかなり面白そうだったから買って久しぶりにボカロで何か作ろうかな?とr(-◎ω◎-) 考え中……」

と、喜ぶ声や、早速購入を検討する声が続出しているほか、

「俺が言うのも何だけど小林幸子さん、やっぱ大物だわ。初期ボカロ時代に歌手が自分の声の市場価値が落ちる(実際はそんなことないのに)のを恐れて使うのを拒絶しまくったことを考えるとスタンスからして全然違う。そしてこの人はそれを理解してる」

と、小林のチャレンジングな姿勢を評価するコメントも投稿されている。さらに、

「すげぇぇえ小林幸子のボカロ曲がいっぱい聴けるようになるのかな…!!本人にももっと歌ってほしいけど、もっと色々聴きたいヽ(*‘ω’)ノ」
「うまい人が作ったらかなりいいものが出来るんじゃないかなー。がくぽ(※)も本人が歌ってるような楽曲あるもんねぇ」
※歌手・GACKTの歌声ライブラリを収録したボーカロイドのこと

など、いろいろな人の「小林幸子」を聴いてみたいという声も。なお、ダウンロード先行発売と同タイミングでデモソングも公開予定。今年の夏、小林幸子が新たな旋風を巻き起こす!?
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト