ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『HEAT』低視聴率でも内容面白い?

2015.08.03 MON

噂のネット事件簿


ドラマ『HEAT』。総務省消防庁と東京消防庁の全面協力のもと製作されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ドラマ『HEAT』(フジテレビ系/毎週火曜午後10時~)の視聴率があまりにも低いと話題になっている。

『HEAT』はEXILEのAKIRAが演じる不動産会社のエリート社員が、土地買収のための情報収集を目的に消防団に入るという物語。すでに、続編となる映画『DRAGON』(仮題)の製作も決定している。

7月7日放送の第1話から視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と少々寂しい数字だったが、その後、第2話が3.9%、第3話が4.2%とさらに低調に…。そして、7月28日放送の第4話では3.4%とワーストを更新した。

残念ながらゴールデンタイムのドラマとしては低視聴率といわざるをえない状態の『HEAT』だが、ネットでの評判はどうなのだろうか。ツイッターでは、

「単純に、面白くない。 キャスティングだけで、視聴率が取れる時代は終わった」
「EXILEが悪いと思わないけどAKIRAの演技、下手なのに主役なのが理解できない」

など、厳しい意見もみられる。しかし、内容そのものについては、

「HEAT見た 今までのレスキュー系とはちょっと違う感じで結構面白い」
「ハラハラしすぎないし、面白いシーンもあるし、主役が悪いやつっていう斬新なスタートで結構楽しいのにもったいない」
「やば、AKIRAが出てるHEATってドラマ地味に面白い。
最初なにこれって感じで見てたけど面白かった笑
来週どんな話なのか地味に楽しみ笑」
「HEATは田中圭くんがいい。あと吾郎さん。不思議な社長さん役がはまってる感じ」

と、意外といっては失礼だが、面白いという意見も多数投稿されている。

ネットの好評が、今後の視聴率にも影響していくか?
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト