ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「流しカワウソ」はプロの仕事?

2015.08.03 MON

噂のネット事件簿


ペアで流れた、なかなか貴重な「流しカワウソ」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「水の日」である8月1日、ニコニコ生放送で千葉県の市川市動植物園の「流しカワウソ」が生中継され、ネットユーザーたちが画面を通して見守るなか、無事“大成功”。ネットが歓喜に湧いた。

「流しカワウソ」は、市川市動植物園が2012年から始めたイベント。職員がコツメカワウソ舎に、パイプをアレンジしたウォータースライダー状のすべり台を設置したもので、カワウソがやんちゃに遊ぶ姿が人気を博し、すっかり夏の風物詩となっている。

昼の12時から放送がスタートし、終了したのは16時40分。実に4時間40分という長丁場の生放送だった。すべり台がちょうど日なたにあったことから、

「やっぱ日陰がいいんだねえ」
「この時期の日中の岩辺は焼け石だからなぁ」

という声もあるなか、カワウソたちは、すべり台の“入り口”がある岩の上に上ったと思ったら、パイプを通らずそのまま水にどぼんと飛び込んだり、すべり台の周囲を走り回ったりするばかり。なかなかすべり台をうまく滑らず、ネットユーザーをやきもきさせ、コメント欄には、

「スルー」
「素通り」
「じらす」
「フェイント無双」

といった声が並んでいた。しかし、実際に「流しカワウソ」が実現したときには、

「おおおおお」
「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
「きたああああああああああ」
「888888888888888」(※パチパチパチ、拍手を表すネットスラング)
「やったぜ」
「かわいいwww」
「これはうれしい」

と大盛り上がり。

「流しカワウソ」は数度確認され、ラスト1時間で多く見られた。じらしたあと、最後に大サービスをするカワウソの姿には、ネットユーザーも「心得てますね」「プロの仕事」などと脱帽だった。
(大場嘉世)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト