ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB「キャバ兼任」はアリ?ナシ?

2015.08.24 MON

噂のネット事件簿


「キャバクラ兼任」を提案するも後輩に阻止されたAKB48の小林香菜(写真左) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
AKB48・チームKの小林香菜が、ツイッターで「キャバクラ兼任」を提案し、後輩に止められるという出来事が発生した。

きっかけとなったのは8月19日に小林が投稿したツイート。AKBグループの同期である梅田彩佳と宮澤佐江とのスリーショット写真とともに、こうつぶやいたのだ。

「この写メ撮ってる時に梅ちゃんにかなやっぱ目でかいねって言われてさえにはかなってやっぱキャバ嬢感半端ないねと言われ笑
そんな私は今日もキャバクラのスカウトにあったのである」

茶髪ではっきりした顔立ちから、以前から“キャバクラ嬢っぽい”といわれることがあった小林。過去にはブログでも、キャバクラ嬢のスカウトにあったことがあるとも告白している。

さらにその後、「そろそろ755(註釈:ユーザーとコメントのやり取りが出来るアプリ)に出勤します」と、わざわざキャバクラ嬢っぽい「出勤」という言葉を使って、ネタにする小林。すると、あるツイッターユーザーから「現役キャバ嬢アイドルはダメですか?」とのコメントが小林に寄せられると、

「流行りの兼任てことですね。
AKBとキャバクラ兼任
新しい!笑」

と、返したのだ。まさかのアイドル本人による「キャバクラ兼任」発言だが、そこに反応したのが、小林が所属するチームKのキャプテン・木崎ゆりあだ。

「すみません、香菜さんそれだけはキャプテンとして止めさせて下さい…笑」

と、先輩・小林の発言とはいえ、さすがにキャバクラ兼任はNGだと判断。この言葉に対し、小林も、

「チームBに新しい風が吹きすぎちゃうから辞めます 笑」

と、すんなり引き下がった。しかし、そんな小林だが、その後も、「明日は夜の顔じゃなくお昼の顔でがんばりまーす 笑」と、キャバ嬢風コメントを投稿している。

AKB48加入10年目、現在24歳のベテランメンバーである小林香菜の「キャバ嬢ネタ」が許されてしまうのは、AKB48の懐の深さゆえなのかもしれない。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト