ネット界の“旬”なニュースをお届け!

飯島愛さんブログ終了でファン波紋

2015.09.27 SUN

噂のネット事件簿


愛され続けた飯島愛さんのブログ。心の拠り所にしたファンは多かった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
9月18日に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ ~15周年御礼スペシャル~』(TBS系)で、2008年12月に死去した元タレント・飯島愛さん(享年36)の公式ブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」が、今年10月をもって閉鎖されることが発表され、ファンの間に波紋が広がっている。

同放送回は、「金スマ」が2001年にスタートして以来、15年目に突入したことを記念したスペシャル版。2001年10月の出来事として、飯島さんの著書『プラトニック・セックス』が100万部を超えるベストセラーになったことを紹介した。そのほか、過去飯島さんがパネラー出演していた回も放送された。

そして、管理しているご両親が高齢になったこともあり、公式ブログを飯島さんの誕生日である10月31日をもって閉じることを番組内で発表。すると、ツイッターには

「飯島愛のブログ閉鎖しちゃうんだ…寂しい」
「え?飯島愛さんのブログ閉鎖されるの?え……ご両親の代わりに誰か管理してくれないか……」

と寂しがる声があがり、ブログにアクセスする人も続出。

飯島さんの最後の更新となった2008年12月5日の記事には、これまでにも多くのファンが定期的にコメントを投稿していたが、放送終了後に加速。放送日から1週間経過した25日には7万1500弱に達している。そこには、

「この愛ちゃんのブログが閉鎖されちゃうんだね! 嫌な事があったり 悩んだり 嬉しい事があったり 愚痴ったり 何回書き込んだんだろう
淋しいよ 管理されてるご両親が高齢の為だからしかたないけど
やっぱり淋しいよ」
「愛ちゃんと同じく悩める 女の子達の為にもう少し続けてみて下さい
どうでしょうか。。。無理でしょうか。。。ご両親様も対応の大変さ、ケジメをつけたい心情をお察しいたしますが。。。残念極まりない心痛でございます。
ご無礼申し上げます」

と、ご両親が高齢という理由に仕方ないと思いながらも、無念さをにじませる書き込みが多くみられたほか、

「ずっとずっとずっと…
愛ちゃんのこと大好きだよっ!」

と叫びにも似たコメントも多数見られる。愛され続けた飯島さんのブログがなくなるのは確かに寂しい。だが、閉鎖されても飯島さんがファンの心の中に息づいていることは間違いないだろう。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト