ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「はれもの」アナ 気まずさ払拭?

2015.10.08 THU

噂のネット事件簿


騒動がネタにされつつある笹崎アナ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月4日放送の『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦 2015秋』(日本テレビ系)で、お笑い芸人の有吉弘行が、新人の笹崎里菜アナウンサーに「はれもの」というあだ名をつけ、称賛の声が巻き起こっている。

笹崎アナは、日本テレビにいったん内定したものの、大学時代にホステスとして働いていた過去が発覚したことで内定を取り消され、裁判沙汰の末に入社したアナウンサー。番組では、

「今は“新人アナウンサーの笹崎”という風に言ってるんですが、新人とも言っていられないので、その代わりとなるものを」

と、あだ名をリクエストした。有吉は、MCの上田晋也にうながされる形で「“笹ちゃん”っていうわけにもいかないでしょ」などと熟考。その後、

「“はれもの”ですね」

と命名し、スタジオ中が爆笑となった。

これを受けて笹崎アナが「日本テレビのはれものアナウンサー、笹崎里菜です。よろしくお願いします」と自己紹介すると、上田も「日本中がすっきりした!」と絶賛。出演していた日本テレビOBの福澤 朗アナも「画期的」と太鼓判を押した。

ツイッターには、番組を観ていたと思われる人たちから、

「おもろいw」
「はれものアナウンサー笹崎里菜・・・有吉氏のあだ名命名能力が半端ない件。(O_O)」
「日テレのはれものアナウンサー笹崎里菜ですだってwwww
有吉ナイス!」

と称賛の声が続出している。

番組では、箕輪はるか(ハリセンボン)から“アナウンス部ではうまくいっているのか”という質問が飛んだり、情報番組『シューイチ』で共演している中山秀征が「毎週会ってるけどまだちょっと踏み込めない」と話すなど、入社の経緯が経緯だけに、“どうやって接したらいいかわからない”空気が漂っている笹崎アナ。有吉命名のあだ名で、気まずい空気を払拭できるか?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト