男の子とはまったく話せません…でも…

水谷果穂

2015.10.23 FRI

今週の彼女

1997年静岡県生まれ。2013年「大原学園」のCM出演でデビュー。公開中の映画『先輩と彼女』では、主人公のクールビューティーな親友を熱演。11月3日の誕生日には、1st写真集『水谷果穂』(ワニブックス)を発売。等身大の女子高生の日常を切り取ったような初々しさが魅力だ
『夢の通り道』(日本テレビ系列)のナビゲーターや、映画『先輩と彼女』への出演などで注目を集める現役高校生の美少女、水谷果穂ちゃん。今回、その名もズバリな1st写真集『水谷果穂』(ワニブックス刊)を刊行。さらに注目が集まりそうだ。

――どんな写真集になるんですか?

地元の浜松で撮影したんです。昔から知っている、それこそ友だちが見たら一発でわかるような場所で撮ってもらいました。近くの海では水着で撮影もしましたよ。

――なら、知り合いに声を掛けられたり?

それはなかったですけど…。プライベートで水着を着たのは小学生以来だったので、緊張しましたね。ただ地元だし、身構えることなく自然体な部分を見せられたと思います。セーター服を着て学校で撮影したんですが、ふだん自転車通学なので実際に自転車をこいだり、毎日お弁当を作ったりしているので、その模様も撮影してもらいました。

――おっと、まさかの自宅ロケ!?

はい、家族に見守られながら(笑)。一生の思い出ですね。慌てて掃除しましたよ~。ちなみに作ったのはだし巻き卵です。砂糖も少し入れますが、基本はしょっぱめの味付けです。

――なんと生活感溢れる写真集なのでしょう。実際に浜松で学校に通う高3の女子高生ですもんね。ちなみに憧れの人とかは…?

実は恥ずかしくて男の子としゃべれないんですよ。こないだ男の子たちが教室で紙飛行機を飛ばして私に当たっちゃって。「誰か謝れよ」とヒソヒソやってるのが聞こえたので、「大丈夫だよ」っていいました。…それが久しぶりの会話でした(笑)。

――じゃあ恋愛なんて…。

遠い世界のことです。でもフワッとした感じの人に憧れはあります。謎めいた感じの、みんなと一緒にいないような、何考えているのかわからないような。そんな人と、アクティブなデートをしてみたいですね。卓球したり、バッティングセンターに行ったり。映画とか静かなムードだと緊張しちゃうから、遊んで打ち解けたいなって。

――体動かすのが好きなのかな。じゃあ部活は?

…物理科学部です!

SACO=撮影/吉州正行=取材・文

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト