ネット界の“旬”なニュースをお届け!

実写版テラフォ「進撃の二の舞?」

2015.11.05 THU

噂のネット事件簿


ポスタービジュアルが公開された映画『テラフォーマーズ』。人型に進化したゴキブリは後ろ姿がわずかに見えるだけとなっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
人気漫画の実写版となる映画『テラフォーマーズ』(2016年4月29日公開予定)の主要キャストのビジュアルが公開され、ネットユーザーから様々な反応が寄せられている。

『テラフォーマーズ』は、火星を舞台に繰り広げられる、人型に進化したゴキブリと人類との戦いを描いたSF作品。伊藤英明、武井 咲、山田孝之、小栗 旬らが出演し、『ヤッターマン』や『神様の言うとおり』などの実写版映画を手がけた三池崇史が監督を務める。

11月2日には、ポスタービジュアルが公開され、伊藤英明、武井 咲ら主要キャストの宇宙服姿が明らかに。するとツイッターでは、

「テラフォーマーズ実写化 はやくみたい 山田孝之絶対かっこいい楽しみ!」
「テラフォーマーズ実写化すんのかな..? 観てみたいなぁ」

などと、期待の声が上がる一方で、

「いやーテラフォーマーズ実写て… キャスト豪華やけども実写って… ごめんやけど滑る気しかしやんわ」
「実写版テラフォーマーズ。 やっぱり地雷臭しかしないんだけど。。。」
「テラフォーマーズの実写の画像見たけどコケる気しかしないよ??大丈夫??」

と、まったく期待できないとの声も多く投稿された。また、

「いや、テラフォーマーズの実写化とか果てしなく嫌な予感だろ。進撃の巨人実写化からまるで成長していない…」
「テラフォーマーズまで実写化かよー 進撃の二の舞にならなければいいけど笑」

など、ネット上で酷評されてしまった実写版映画『進撃の巨人』を引き合いに出すネットユーザーも多い。

人気漫画の実写化は、往々にしてファンの求める“ハードル”も高くなってしまうもの。『進撃の巨人』もそうだが、特にCGを駆使したSF作品となると、厳しい目が向けられる傾向があるようだ。あまり前評判が高いとはいえない『テラフォーマーズ』の場合は、ある意味ハードルが低いともいえそうだが、果たしてどうなるか。来春の公開を期待したい。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト