牧場で彼と一緒にリフレッシュしたい!

湊ジュリアナ

2015.11.06 FRI

今週の彼女

1988年9月16日生まれ、ブラジル出身。2002年からモデルとして活動。『sweet』をはじめ、様々なファッション誌で活躍。さらには「Girls Award」「TOKYO GIRLS COLLECTION」などのショーにも多数出演している。また、歌手としてもオレンジレンジ・RYOのソロアルバム『DELIGHT』に「Juliana M.」名義で参加するなど、活動の幅を広げている。
モデルとして、雑誌やショーで大活躍中のジュリアナさん。趣味も多く、旅が大好きで、超アクティブだという彼女が今、興味をもっているものは何?

──雑誌撮影、ショーモデルなど大忙しですが、休日はどう過ごしていますか?

家でゆっくりするというよりかは、旅に行ったり、トレーニングをしたり、いつも何かにチャレンジするようにしています。

──休日も忙しそうですね!

ボルダリングをやったり、スラックライン(註:ベルト状のひもを使用した綱渡りのようなスポーツ)をやったり、キックボクシングをやったり、いろんなことに挑戦しています。ついこの前も、「TRX」(註:壁や天井などにつなげたベルトを引っ張りながら行うエクササイズ)っていうトレーニングの資格を取ったんですよ。トレーナーさんとスケジュールがなかなか合わないことがあって、「それなら自分で覚えちゃおう!」って。

──すごくアクティブ! お家にいるときはどうですか?

家でも常に何かしていますね。最近マクロビの資格を取ったことで、料理がさらに好きになりました。その資格を活かしていろいろなレシピを試したり、ラジオを聴いて普段聴かない音楽と触れ合ったり、あとはビジネス書なんかも読みますよ。

──いろいろな文化に触れると、お仕事でも新たな挑戦をしてみたくなるのでは?

今は、おしゃべりをする仕事をもっとやってみたい! ちょっとシャイな部分があるので、人前でしゃべることでそれを乗り越えたいなって思います。あと、写真だけでなく、自分の言葉で“ジュリアナ”という人間を伝えたいという気持ちもありますね。

──活発なジュリアナさんの理想とするデートは?

自然が多いところに行きたいです。動物も大好きなので、たとえば牧場とか! 普段はお仕事でたいへんなサラリーマンのみなさんも、牧場に行けばきっとリフレッシュできると思います。

──それでも疲れて落ち込んでいる彼氏には、どんな言葉をかける?

感謝の気持ちをちゃんと伝えることが癒しになるんじゃないかな。忙しいなか、私のために時間を作ってくれることも、一緒にお出かけすることも当たり前じゃない。毎回「ありがとう」って言葉で伝えることが大切だと思っています。

──「ありがとう」という言葉は、男女ともに、やっぱりうれしいですもんね。

直接言えないときは、枕元にチョコレートを置いたりして、ちょっとしたサプライズで気持ちを伝えるのもオススメです!

森カズシゲ=撮影/相羽 真=取材・文/Wine&Dining Med.西麻布=撮影協力

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト