肉味噌だけど、ナッツもぎっしり?

東京唯一の“盛岡じゃじゃ麺”の味

2015.12.24 THU


麺茹でにも難しいコツはなく、添付の説明書通りに作ればお店と同じ味が楽しめます 撮影:うぬまいちろう
突然ですが、じゃじゃ麺って知ってます? 中華麺にトロミのついた肉味噌がのったあの「炸醤麺(ジャージャー麺)」ジャーないですよ。じゃじゃ麺とは、ジャージャー麺が元となっているものの、麺や肉味噌が異なる盛岡発祥の麺料理なんです。

ジャージャー麺なら、あちこちの中華料理店にありますが、東京でじゃじゃ麺を専門に出す店は今のところ都内に3店舗を構える「じゃじゃおいけん」のみ。

今回は、1周年を迎えたばかりの浅草店にお邪魔しました。持ち帰りのみもOKの店ですが、包んでもらう間に立ち上る麺茹での湯気に誘われて思わず店内用も一つ注文。ジャージャー麺の肉味噌よりも硬そうな団子状の肉味噌と、幅広めの麺が特徴みたい。ニンニク、ラー油、酢などを好みでかけつつよく混ぜてから食べること――そんな注意書きに従いつつひと口、ズルリ。なるほど、これはジャージャー麺とは別モンですね。

麺はつるつるとした食感。肉味噌は独特の甘みと香ばしさがあり、後口は比較的あっさり。「ガツンと旨い系」ではなく、じわじわと滋味が広がっていく系。どこか薬膳風な感じもしますが…。

「肉味噌にはゴマやカシューナッツ、クルミ、落花生などのナッツ類を多く使うことでコクを出しています。麺も消化吸収のよい、特殊な製法で作っているんですよ。ただ、これはウチの特徴というだけで盛岡じゃじゃ麺すべてが、こうしたスタイルなわけではありません」

そう語るのは、店長の浅野さん。さらに「こだわりが良い意味でないのがじゃじゃ麺であり、作り方も食べ方も人それぞれでいいのも特徴なんです」とも。

確かに、テーブルには辛みよりもゴマの香りを優先したという自慢の自家製ラー油をはじめ、粉チーズ、カレー粉など各種調味料がところ狭しと並ぶ。これを各自が好きなようにまぜまぜして食べるわけだ。

じゃじゃ麺のもう一つの特徴が、麺を食べ終わった後のお楽しみ「チータンタン(鶏蛋湯)」の存在。80円を追加すると、空けた丼に卵と麺の茹で汁を加えて戻してくれます。要は、丼についた肉味噌を無駄なく溶かし込んだ卵スープができるというわけで、これが滋養を感じるしみいるスープになるんです。

お持ち帰りをする場合は、生の状態となり、帰ってから自分で麺茹での必要があります。麺、肉味噌、キュウリ、ネギ、ニンニク、ショウガ、自家製ラー油の一式が揃って600円の「全部入り」のほか、500円の「麺と肉味噌のみ」もあり。野菜の賞味期限は翌日までと短いものの、麺と肉味噌は冷蔵で1週間は持つのだとか。

年末年始の宅飲みパーティーの締めは、ソバ、もしくはラーメンが定番でしょうけれど、毎度それでは飽きるもの。こんな「じゃじゃ麺&食べ終わりの玉子スープ」で締めるのもアリなのでは?
(宇都宮雅之)

■東京近郊お持ち帰りスポット第7回

  • 忙しい忙しいとぼやきつつも、調理する姿は真剣そのもの。どこかとぼけたキャラ(失礼!)がニクめない、店長の浅野さん
    イラスト:うぬまいちろう
  • 店内で食べる「じゃじゃ麺」中盛り140g(700円)
  • 仲見世通りの喧騒と離れた、街の一角にあるお店。店内は明るく、女性も入りやすい

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト