大事な部分にフィットする感覚が心地いい…

3D構造も!2016年に買いたいパンツ

2016.01.05 TUE


人気の『MYPAKEGE』のパンツは、大事な部分をスッポリ包み込んでくれる部分が3D構造で、“ポケット”のような造りになっている
2016年が始まり、各デパートでは、セールがスタート! これを機に“勝負服”を新調する人は多いかもしれないが、意外と二の次になりがちなのが下着。本当の“勝負時”に女のコに披露する下着にもこだわりたい。

ということで、男性下着専門店「GRANDE PANTS」の店長・近藤之裕さんに、男性下着のトレンドについて聞いてみた!

「男性下着は、あまりトレンドというものがないんです。とはいえ、『パンツだけは派手に!』『パンツで遊ぶ』といった考えの男性も多く、普段ファッションでは挑戦できないような柄モノや派手な色の下着が好まれる傾向がありますね」

さらに、柄や色だけではなく、最近は男性下着も“進化”をしているのだとか。

「例えば、『MYPAKAGE』というブランドのパンツは、フィット感をアップさせるためにお尻部分だけが切り返され、大事なモノをしっかりとホールドするためにフロント部分だけが立体的な“3D構造”になっています。その3D部分がしっかりとフィットするので、いわゆる“ポジション”がズレにくいんですね。さらに、各ブランドから、ウエストのゴム部分の締めつけによる不快感を生まないように作られている商品が出ています。従来のパンツに比べて、プラスαの要素がある下着が増えつつありますね」

さらに、素材やデザインにこだわった下着も登場しているらしい!

「ここ4~5年で、主流だったコットン素材に代わり、より通気性を良くするために、つるっとした素材の化学繊維でできたパンツが増えています。なかでも、『BETONES』というブランドの商品は、腹巻きのように一枚布で作られ、縫い目を極限まで減らしているんです。そうすることで、縫い目部分があたった時のかゆみや、不快感を軽減してくれる効果があります。また、『TORIO』というブランドから出ている商品も、通気性や伸縮性が考慮されていてはきやすいうえ、遊び心も盛り込まれていて、暗闇になると描かれている柄が光るんですよ。明るい場所で見ると、オスの猫とメスのネズミが描かれているだけなのに、暗闇では、オス猫がメスのネズミに襲いかかっているというちょっとHな柄に変わるんです!」

ほかにも、生地の張り付きや締めつけが苦手な人向けの“ジョグストラップ付きパンツ”という、お尻の部分に布がなくオープンになっている商品(!)や、まるで女性下着のようなレースで作られたパンツもあるんだとか! 下着の世界、なかなか奥が深いっす…。

「実は世界的に見て、日本製の下着はデザイン、機能ともに優れているんです。今後は、男性用下着の展開も増え、より下着を選ぶ楽しみが広がるかもしれませんね」と近藤さん。

2016年は最新パンツをはいて、気持ちを新たに新年を過ごしてみない?
(キンモク星司/short cut)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト